腸内環境を整えてくれる、善玉菌の種類いろいろ

腸内にはなんと約500種類もの菌があるのです。その中で、良い働きをしてくれる善玉菌の種類には、何があるのでしょうか。腸内環境を整える為にこれらを知って、役立てていきましょう。

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腸内の菌は約500種類!

  • 腸内にはさまざまな菌が存在しています。その種類は約500種類。今後は研究が進めば、さらにその数は増えるとされています。 これらは、体によい働きをするものと、そうでないものに分けられます。善玉菌とは、前者の健康作りに役立つ菌のこと。一方、後者は健康を阻害する作用があるため、悪玉菌と呼ばれています。
    出典 :善玉菌とは | ダノンのヨーグルトサイト
  • 善玉菌には、悪玉菌のつくる有毒物質を無害化する働きがあります。また善玉菌は乳酸や酢酸、酪酸などをつくり、腸の中を弱酸性にします。すると酸性の環境が苦手な悪玉菌そのものが減っていきます。酪酸などには、がんの発生を抑える働きもあることがわかり、善玉菌そのものが予防に役立っていることもわかってきました。
    出典 :善玉菌を増やして大腸がんの予防を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    善玉菌はとっても大切な存在ですね!

  • 善玉菌の種類

  • 善玉菌と呼ばれるものにはビフィズス菌に代表されるビフィドバクテリウム属 Bifidobacterium や、乳酸桿菌と呼ばれるラクトバシラス属 Lactobacillus の細菌など乳酸や酪酸など有機酸を作るものが多く、悪玉菌にはウェルシュ菌に代表されるクロストリジウム属 Clostridium や大腸菌など、悪臭のもととなるいわゆる腐敗物質を産生するものを指すことが多い。
    出典 :腸内細菌 - Wikipedia
  •  

    皆さんよく御存じの「ビフィズス菌」は、善玉菌である乳酸菌の中でも主役級。ヨーグルトに多く含まれていますね。

  • たとえば乳酸菌には279菌種あるのが分かっています。市販ヨーグルトのパッケージに、もし「カゼイ・シロタ株」と書いてあったら、それは乳酸菌のなかの「ラクトバチルス属」のなかの「カゼイ菌」という菌種の、そのまた一つ「シロタ株」、というわけです。
    出典 :どっさり1Kg以上もの菌?「腸内細菌」って何ですか|ウンチから、腸内環境がわかる!|大鵬薬品
     

    細かく分けると、乳酸菌の中にも様々な種類があります。

  •  

    悪玉菌をなくすことはできませんが、侵略され過ぎないよう、バランスを整えることを心がけましょう。

  • 善玉菌とは、体に有益に働いて健康維持に繋がる細菌のことを指します。この善玉菌は、糖分や食物繊維を発酵させてエネルギーを得て生きています。種類としては、乳酸を作り出す菌(ビフィズス菌やユーバクテリウムなど)や酢酸・酪酸を作り出す菌(ルミノコッカスやコプロコッカスなど)があります。
    出典 :腸内での善玉菌と悪玉菌の関係と乳酸菌の効果
  • 乳酸、酪酸、酢酸などは有機酸と呼ばれ、腸内を酸性に保ち、悪玉菌による腐敗の進行を止め悪玉菌の繁殖を抑えます。また、腸内の酸性化は病原菌の感染や細菌による下痢を予防します。有機酸は腸の蠕動(ゼンドウ)運動を活発にし、また、菌自体は便の成分になり便秘を予防します。
    出典 :腸内細菌(善玉菌と悪玉菌)のおはなし
  • 腸内フローラ

  • 腸内細菌は、同じ種類の菌が群生し、まるでお花畑のように腸の壁面を覆って生息していることから、腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれています。
    出典 :腸内フローラとは何か?
  • この腸内フローラは、ヒトに対して様々な生理作用を有しています。有用な作用として、病原菌の定着阻害、免疫系の活性化、ビタミンの産生などが挙げられ、有害な作用として、腐敗産物や発がん物質の産生、各種腸疾患へ関与が挙げられます。
    出典 :腸内フローラ | ヤクルト中央研究所
  • 腸内フローラのバランスの良い菌の割合は、善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%。しかし日和見菌はストレスや睡眠不足などですぐに悪玉菌になってしまいます。悪玉菌が10%以上超えると肌荒れや健康状態が悪化していくので、食事の時に善玉菌が増えやすい食材を選ぶ必要が出てきます。
    出典 :汚腸じゃ美肌になれない!腸内フローラのバランスを整える美肌食材| Life & Beauty Report(LBR)
  •  

    腸内が不調だと、身体じゅうに悪影響が出てきます。特にお肌にはダイレクトに表れますよね…。

    目に見えない場所である腸内ですが、自分でバランスを整えられるよう管理していきたいですね。

  • 善玉菌を増やし、バランスのとれた腸内環境を維持することは、健康的な毎日を過ごすためにとても重要なこと。しかし、むやみやたらに善玉菌を摂れば良い、というわけではありません。食品やサプリメントなどで摂る乳酸菌・ビフィズス菌と腸内での働きについて、詳しく見ていきましょう。
    出典 :理想的な腸内環境|カルピス社の健康情報室