しもやけの原因、その対策について。

冬が近づいてくると、何となく気になる「しもやけ」、その原因・予防の意味も含め知っておきましょう。

view580

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • しもやけとは?

  • しもやけに効くお灸(up).wmv - YouTube

  • 冬の時期、手や足の先が冷えることによって硬く腫れて、歩いている時や何もしていない状態でも、痛くて痒くなる症状があります。それがしもやけです。

  • しもやけは別名凍瘡(とうそう)とも言い、寒さや冷えによって血行が悪くなって起こる炎症のひとつです。血行が悪くなりやすい手先足先などの末端部分や、露出度の高い頬や鼻先や耳たぶに起こりやすいのが特徴です。

  • 患部を温めるとむず痒くなったり、痛くなったり、熱いと感じるような感覚を引き起こします。大人よりも子供の方がなりやすく、また男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。

  • しもやけの別名;凍瘡と聞くと、凍傷を思い浮かべるかと思います。凍傷は凍瘡と比べて格段重い状態です。程度が著しく傷害がひどい時は、最悪の場合患部を切断しなければいけない事態まで陥ることがあります。

  • 原因は?

  • しもやけの原因となるものは、一日の気温の落差と皮膚表面の温度と言われています。昼夜の気温差が激しい寒い冬に起こりやすいです。また、しもやけになりやすい人の多くは、冷え性や冷えやすい体質の方が多く、体質や遺伝も少なからず影響していると言われています。

  • しょうがオイルマッサージ - YouTube

  • 身内にしもやけになりやすい方いるとしたら、注意が必要です。

  • 手足周辺の湿度の高さも影響していて、特に水場などの仕事で手足を濡れたまま放置していると、乾くにつれて皮膚の表面温度が下がりしもやけになりやすくなります。
    これらをまとめると、しもやけの原因は「低温による血行障害」だと言えます。