風邪の治し方いろいろ

たかが風邪、されども風邪。万病の元とも言われる風邪を、少しでも楽に、しかも早く治す方法をいろいろ集めてみました。

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも風邪とは?

  • 風邪(かぜ、common cold, nasopharyngitis, rhinopharyngitis, acute coryza, a cold)とは、呼吸器系の炎症性の症状の事。またその状態を表す総称である。正式名称は、「風邪症候群」。

    風邪の定義は、医学書によって様々であるが、風邪とは、主にウイルスの感染による上気道(鼻腔や咽頭等)の炎症性の疾病に掛かった状態の事であり、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛など全身症状が出現した状態のことである。西洋医学的には「風邪症候群」と呼んでいることが多い。
    出典 :風邪 - Wikipedia
  • まず予防するには・・・

  • 一つは、以下の画像のように外部からの「ウィルスの感染を防ぐ」事です。

  •  

    ウイルスが体内に入る方法は、何通りもあるようです。
    昔から手洗いやうがいが必要なのはこういった理由があるからなんですね。

  • 体を動かして、「感染しないからだづくり」も一つの方法です。

  • 普段から適度な運動

     

    ランニングまではいかなくてもウォーキングでも効果は大。
    少し早めに起きて、自宅の周りや川沿いを歩くだけでも違ってきます。
    季節の変わり目も楽しみつつ、風邪予防の運動にもなりますよ。

  • 温度と湿度のコントロール

     

    乾燥をしすぎても風邪をひきやすくなってしまいます。
    加湿器などを使用して、程よい湿度を保ちましょう。

  • 風邪の治し方とは?

  • 睡眠をじゅうぶんにとる

     

    なんといっても、一番大切なことです。
    暖かくして睡眠を十分取ることは、風邪を早く治す一つでもあります。
    高熱が出ている場合などは、寝汗をかいてしまう場合も。
    こまめに着替えをして寝汗で体を冷やさないようにしましょう。

  • 身体を温める

     

    体を温めることは大切です。
    薄着などで体を冷やしてしまうと、風邪が長引いてしまうことも。
    体は熱でウィルスと対抗しているので、冷やさないようにしましょう。

  • 栄養をとる

     

    風邪の症状がひどいとどうしても食べる気になれず、栄養が怠ってしまうことも。
    卵を使ったおかゆなど、消化のいい物を食べて栄養をつけましょう!
    水分補給も忘れずに。

  • 薬などで炎症を抑えること

     

    せきどめや解熱剤、頭痛薬など、さまざまな症状によって風邪薬があります。
    病院などで診察を受けえることも効果大。
    直接症状を医師に伝え、年代や状況によって処方してもらえるので、
    早く風邪を治す方法の一つでもあります。

  • その他、できることとしては

  • しょうが

     

    身体が温まり、さらに殺菌能力があります。

  • ネギ

     

    しょうがと同じく、温熱・消炎・殺菌の作用に優れているのでおすすめ。

  • Q&A形式でも様々な情報があります

  • 速効で風邪を治す7つの方法