知っておこう!辛い「遠視の治療法」

遠視の治療方法を知っておきましょう!遠視を治療する事で肩こりともおさらば出来る場合がありますよ

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 遠視の診断を受けたら

  • 遠視の治療としては、眼鏡やコンタクトレンズによる矯正を行います。とくに事務やコンピュータなど長時間の近見作業に従事する人は調節による眼精疲労を起こしやすいため、年齢にかかわらず近見作業用の眼鏡の装用が、症状の軽減に役立ちます。
    出典 :遠視 治療方法 - goo ヘルスケア
     

    基本はこちらの治療方法になります。事務の仕事やパソコンに向かう人が増えているので、メガネをそれ専用にもつのが良さそうですね

  • 遠視を治療する方法に、レーシックと言う治療法があります。 「レーシック手術」は、一般的なレーシック手術と、イントラレーシック手術に分けられてます。 レーシックとイントラレーシックの相違点は、レーシックは角膜を切開する場合に金属製の刃を使用して、イントラレーシックの場合はレーザーを使用します。
    出典 :遠視の治療に関して :遠視 治療
     

    近視の治療にも使われるレーシックもありますね

  • レーシック手術は、通常、近視を矯正手術だと思っている人も多いですし、実際レーシック手術の症例も近視矯正手術が多いのは事実ですが、レーシック手術で、乱視や遠視も矯正できるのです。視力が悪くなると、何でもレーシックで矯正できるかというと、老眼の場合はレーシックにより治療することは出来ません。
    出典 :遠視のレーシック手術 – 遠視の治療・矯正ガイド
     

    遠視と老眼の違いを知っておきましょうね。老眼ではレーシックが行えないのです

  • 老眼とはピントを合わせるために厚さが変わる水晶体が柔軟性を失ってしまい、硬くなってしまう老化現象が問題のため、レーシックにより角膜の屈折方向を変えても意味がないのです。
    出典 :遠視のレーシック手術 – 遠視の治療・矯正ガイド
     

    一応補足として、出来ない理由はこんな理由なのです。誰でも起きるのが老眼ですから・・・

  • 子供の遠視もあります

  • 調節性内斜視の小児は、適切な眼鏡の装用により内斜視を治療することができます。また、弱視(じゃくし)になる可能性がある強度遠視の小児でも、早期から適切な眼鏡の装用によってピントの合った像を見せることで、視力の発達を促すことができます。
    出典 :遠視 治療方法 - goo ヘルスケア
     

    少しずつメガネを薄くしていき治療する方法がとられます

  • きちんと眼科を受診して視力検査を受けましょう。矯正の為にメガネを作って、寝るとき以外は常にかけて生活しましょう。子供がメガネに慣れないうちは、壊したり、嫌がったりするもの。子供用眼鏡は、とても高価な買い物です、使い方や、気をつける事をじっくりと子供に説明しましょう。
    出典 :子供の遠視の対処法: 遠視治療(子供の遠視とレーシック)
     

    ちょっとしたお勉強のつもりで使い方を覚えるのがよさそうですね

  • 子供の遠視に気づこう

     

    なかなか気づき難い所ですが、気付いてあげる事でゆっくりですが治療する事が出来ます。3歳児検診での視力検査で見つかる場合もあります。

  • 顔を斜めにしてみる、転び易い、眼つきがおかしい、動作や目つきがおかしいなどです。
    出典 :子供の遠視の対処法: 遠視治療(子供の遠視とレーシック)
     

    こんなものも参考にして、気づいてあげてくださいね

  • レーシックによる治療が受けられない場合

  • 膠原病や自己免疫疾患を持っている人
    術後の傷の治療が困難であったり、ドライアイの後遺症が出たりする場合があり、レーシック手術には向かないとされています
    出典 :レーシック手術が受けられない人 – 近眼手術・レーシッククリニック一覧
     

    なかなかこの場合はいけませんね

  • 妊娠中やその可能性がある場合、出産して授乳中の場合 ホルモンのバランスが崩れやすい時期にあたるため、角膜の屈折も不安定になること、それにレーシックを受けたとしても施術後に合併症を抑える為に薬剤投与をする可能性もある為、レーシック手術は適当ではないとされています。
    出典 :レーシック手術が受けられない人 – 近眼手術・レーシッククリニック一覧
     

    出産して、体調がもどってからにしましょう

  • 体質でも駄目な場合がある

     

    糖尿病やステロイド剤を使用中の人やケロイド体質の人、精神神経科系統の疾患がある場合は受ける事が出来ません