うるさくて寝れない!!【いびき】耐えられないそれの原因と改善方法!!

うるさい・ねれない・たえれない
そんな人へのいびき改善方法があるのです

view465

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • いびきの原因はこれだった!

  • いびきの1番の原因は横になると舌が垂れ下がってきて気道を塞ぐことろ
    舌の筋肉が、弱まって下に垂れ下がってきてくるのです。
    中高年になっていびが増えるのは肥満よりも舌の筋肉の老化が原因なのです。
    いびきや無呼吸症候群の場合、レーザーなどで垂れ下がる舌の根元を切り取る手術がありますが、この手術が治る可能が低くて再発する可能性も高いのは、舌の筋肉を鍛えないとまたすぐに下がって塞ぐようになるからです。
    出典 :いびきを治すエクササイズ2イビキ解消法 | いびき改善プログラム徹底比較
  • 通常起きている時は、周囲の筋肉で支えられていますが、睡眠時は筋肉が緩み気道が狭くなってしまいます。その狭い入口に空気が出入りする事によって通常時より多くの振動が粘膜に伝わる事によって起こる「振動音」がいびき音です。
    さらにこの現象がひどくなり気道が粘膜で塞がってしまう状態を無呼吸と言います。 この状態、一瞬でも呼吸をしていないわけです。
    出典 :いびきの基礎知識 - イビキの原因から対策までご紹介
  • これが危ない!

  • 睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)とは、上気道が何らかの原因によって狭くなったり、閉塞(へいそく:閉じてふさがること)したために、睡眠中に呼吸が何度も止まったり(無呼吸状態)、その状態が断続的に繰り返されたために、血液と脳内の酸素量が減少し、二酸化炭素量が増加したためにさまざまな症状を引き起こす症状(疾患)のことで、英語では「(SAS(Sleep Apnea Syndrome)」と称されています。

    出典 :睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?
  •  

    無呼吸症候群の代表的な症状は、いびき、日中の眠気のほか、熟睡感がないなどが挙げられます。
    また、高血圧、肥満、不整脈、浮腫、糖尿病などの生活習慣病がある場合、無呼吸症候群の原因となる可能性がありますので、医療機関を訪れて医師に相談して伺ってみましょう。
    具体的な治療方法として、CPAP療法、歯科装具の装着、耳鼻咽喉科での手術などがありますので、
    自分に合った方法によって症状の改善を行なうことをお勧めします。

  • 改善しましょうその【いびき】

  • 「あいうべ体操」をすることを推奨しています。

    (1) 「あー」といって、口を大きく縦に開く
    (2) 「いー」といって、口を大きく横に開く
    (3) 「うー」といって、口を強く前に突き出す
    (4) 「べー」と舌を出して、精いっぱい下に伸ばす

    出典 :いびきを治す方法まとめ うるさいいびきを確実に改善するには - 美容・健康の世界の知識 / B&H情報
  • いびきを改善する具体的な方法として、枕を変える、横向けの姿勢で寝るなどがあり、
    ちょっとした工夫で症状を軽減することが可能になります。
    出典 :いびき改善
     

    少しでも出来る事はしておこう

  • 生活習慣の改善慢性的に「いびき」をかいている場合や、何が原因でいびきをかいているのかが分からない場合、まずは「生活習慣の改善」を行い、いびきが改善、解消されないか、経過を見守りましょう
    出典 :いびき改善&解消法 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • 普段から食事をしっかりかむ事によりあごが鍛えられあごの筋肉が発達します。
    それだけではなく、かむ回数が増える事により、脳の満腹中枢が刺激され、食事の量が減り肥満の防止にも繋がります。

    肥満を防ぐ事ができれば、喉まわりの贅肉も落ちるため、呼吸時の上気道を確保できるというわけです。
    出典 :あごの発達・強化 - いびき対策・解消法
     

    噛む事は大切な事です

  • 舌の筋肉、特に根元の筋肉を鍛えるには簡単なエクササイズがあります。
    ①舌先を下唇と下の歯茎の間に深く入れます。
    ②その舌先を出来るだけ奥に伸ばす感じですゆっくり左右に振ります。
    舌の根元の筋肉を意識しましょう!コレを30往復します。

    ③同じように舌先を上唇と上の歯茎の間に深く入れてゆっくり左右に振ります。
    これも30回往復。

    出典 :いびきを治すエクササイズ2イビキ解消法 | いびき改善プログラム徹底比較
  • 慶友銀座式いびき体操

     

    体操をしましょう

  • 最後に

  • 米ミシガン大学睡眠障害センターのRonald Chevin医師らがおこなった研究によると、過度のいびきを伴う“睡眠時無呼吸症候群(SAS)”の患者は、毎日快眠できている人と比べて外見が魅力的ではなく、老けて見えることがわかったそう。実験では、中年のSAS患者20人を対象に、CPAPと呼ばれるSASの新たな治療法を用いる前と後の顔を顔面マッピング技術で検証した。その結果、治療前の患者の顔はおでこ周辺がむくんでいたり、全体的に顔が赤みかかっていたりして、治療後と比べて魅力的ではないことが判明。。
    出典 :いびき改善プログラム徹底比較
     

    美容に気を使うなら治しましょうね