カラコンを使わずに黒目がちに見えるメイクってできるの? 目を大きくみせる黒目がちメイクを教えて!

黒目がちに見えるメイク方法をご紹介しましょう。目をぱっちり大きくみせる黒目がちメイクは、愛され度ナンバーワン!思わず守ってあげたいと感じるような黒目がちメイクの作り方を勉強しましょう。

  • green 更新日:2014/10/27

view182

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 黒目がちに見えるメイク【アイライン】

  • 黒目がちに見えるメイク【アイライン】

     

    黒目がちに見えるメイクのアイラインですが、まつげの間を埋めるようにアイラインをひくのがポイントです。目頭からアイラインを入れ、目尻に向かってだんだんと太く描くようにすると黒目がちなメイクをつくることができますよ。

    上は目頭の部分より少しはみ出した感じでアイラインを描きます。下のアイラインは黒目の外側から目頭の部分のみひくようにして、上のアイラインとつなげるように描きましょう。下のアイラインを描くときはペンシルアイライナーを使ってもよいのですが、アイシャドウで代用することもできます。

    また、アイライナーをひいたあとに、ラインをアイシャドウでぼかして黒目がちに見えるメイクをつくっても良いですよ。アイシャドウでラインをぼかすことによって、やさしいふんわりとした印象の目をつくることができます。

    黒目がちに見えるメイクをつくるときには、たれ目感を出すと良いので、アイライナーをひきあげるのではなく、水平に描くようにするのがポイントです。

  • 黒目がちに見えるメイク【アイシャドウ】

  • 黒目がちに見えるメイク【アイシャドウ】

     

    アイシャドウで黒目がちに見えるメイクをつくるポイントは、アイシャドウの色を強調しすぎないこと。ブルーやグリーンなどの肌と対照的な色を使ってしまっては、黒目を大きくみせることはできません。黒目がちに見えるメイクをつくるなら、アイシャドウカラーは、ブラウン系のものを使うようにしましょう。

    まず、アイホール全体にパールの入っているピンクベージュやホワイト感高めのアイシャドウを塗りましょう。そして、その後に濃いめのブラウン系のアイシャドウを目尻に塗っていきます。濃淡をしっかりとつけるのではなく、目尻に向かってぼかしていくのがポイントです。

  • 黒目がちに見えるメイク【アイシャドウ】

     

    下まぶたのアイシャドウは、目頭の部分から目尻にむかって5ミリほどの幅でホワイト系のアイシャドウを塗っていきましょう。

    パール感のあるアイシャドウの方が、黒目がちに魅せてくれるのでおすすめです。涙ぶくろをつくるように立体的にみせることができるので、下まぶたのアイシャドウも塗るようにしましょう。

    ホワイト系のアイシャドウを塗ったあとに、ぷっくりさせたい部分にピンクパールのアイシャドウをおいていきます。立体感を出すことで、黒目がちにみせることができますよ。

  • 黒目がちに見えるメイク【つけまつげ】

     

    黒目がちに見えるメイクは、つけまつげをつけて仕上げましょう。つけまつげは、目尻から目頭にかけて全体に使用するのではなく、目尻の部分のみを切って使いましょう。また、もともと切れているタイプのつけまつげを使っても大丈夫です。

    目尻側だけにつけることで、黒目を大きくみせてくれる効果があります。

  • 黒目がちに見えるメイク【つけまつげ】

     

    部分用のつけまつげなら、わざわざ切らなくても良いので便利ですよ♪

    こちらは黒目がちな舞川あいくさんがプロデュースしたつけまつげ。彼女のようなぱっちり瞳になれるつけまつげをつけて、愛され女子になろう!

    【商品情報】
    舞川あいくセレクション アイラッシュ シークレットライン

  • 黒目がちに見えるメイク【つけまつげ】

     

    目尻を強調したタイプのつけまつげは、全体的にまつげの量が少ない方におすすめです。

    【商品情報】
    ダイヤモンドラッシュ ピュアガーリー