幼稚園児でも発症!花粉症が低年齢化している

  • mippi 更新日:2014/02/24

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 国民病とも言われる花粉症は、近年低年齢化していると言われます。
    あなたのお子様のくしゃみ、それってもしかして、花粉症の症状かもしれませんよ。

  • 子どもの花粉症が増えている

  • あなたの周りにも、花粉症のお子さんはいませんか?

  •  
  •  
  •  
     

    発症の平均年齢は7.4歳。
    小学校低学年の年齢です。

    中には、赤ちゃんで発症する人もいるようです。

  • 花粉症は大人だけの症状ではない

  •  
  • どんな症状が出るの?

     
  •  
     

    大人の症状と同じです。

  • どんな子が花粉症になりやすいの?

  •  
     

    遺伝的要素が強くあります。

  •  
     

    他のアレルギーを持っている子どもは、花粉症を発症しやすい傾向にあります。

  • 治療法は?

  • 花粉症を発症してしまったら、まずは医師のもとで診察を受けましょう。
    子どもの注意力が散漫になったり、よく眠れないなどで成長にも影響を及ぼすことがあります。

  • 飲み薬を毎日飲み続ける

     
     

    花粉のシーズンには、処方された飲み薬を毎日1回から2回のみ続けます。
    目薬や塗り薬が処方されることもあります。

  • 症状をひどくしないためには

  • まずはマスクで防ぎましょう

     
     

    子どもにとって煩わしくても、ここは我慢。
    物理的に防ぐ方法が最も有効です。

  •  
  • いかがでしたか?
    ぜひ参考にしてみてくださいね。