「慢性膵炎の検査」ってどんな検査をするの?

慢性膵炎の検査ってどんな検査をするのでしょうか?
今回は検査方法についてご紹介したいと思います。

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性膵炎とは・・・

  • 継続的なアルコールの多飲などによって、膵臓に持続性の炎症が起こり、膵臓の細胞が破壊されて、実質の脱落と線維化(膵臓の細胞がこわれ、線維が増えて硬くなる状態)が引き起こされる病気です。
    出典 :慢性膵炎 - goo ヘルスケア
     

    アルコールを大量に飲むことでかかってしまう事もあるのですね・・・

  • 慢性膵炎の検査・・・

     

    慢性膵炎はほぼアルコールが関係しているのですね・・・検査方法はいろいろあるようです・・・いったいどんな検査をするのでしょうか???

  • 慢性膵炎の検査・・・

  • 血液検査・・・

  • 膵液に含まれるアミラーゼやリパーゼなど酵素の値を調べます。膵液に炎症が起きると、一般にこれらの値が上がります。しかし、慢性膵炎の場合は、必ずしも、これらの値が上昇するとは限りませんので、この検査だけで慢性膵炎の確定診断はできません。
    出典 :慢性膵炎の検査・治療・日常生活の注意
     

    血液検査だけでは分からないのですね・・・

  • 血液検査の診断としては、 血液中の膵酵素(アミラーゼやリパーゼなど)の値を測定しますが、それら膵酵素の数値の変動も症状と必ずしも一致せず、診断のきっかけとはなりますが、確診できるほどのものではないとのことです。
    出典 :慢性膵炎の検査と診断【すい臓(膵臓)健康メモ】
  • 尿検査・・・

  • 膵液に含まれている消化酵素が分解する物質を飲んで、その物質尿に出た分量を調べます。この検査で、膵臓の機能の状態がおおよそわかります。
    出典 :慢性膵炎の検査・治療・日常生活の注意
     

    尿検査で膵臓の状態が分かるのですね・・・

  • CTなどの検査・・・

  • 超音波検査、CTなどで、膵臓の状態を調べます。これらの検査では、「膵臓の形や、膵石の有無、膵嚢胞の有無」などを調べることができます。
    出典 :慢性膵炎の検査・治療・日常生活の注意
  • 慢性膵炎の画像診断としては、超音波やCTなどを用いて膵臓の線維化や膵石の有無を調べますが、画像診断で異常が見つかった時には病態は既にかなり進行している場合が多いといわれています。
    出典 :慢性膵炎の検査と診断【すい臓(膵臓)健康メモ】
  • 慢性膵炎の検査・・・

     

    血液検査や尿検査では、はっきりと判断できないのですね・・・しかし、CTなどの検査で発見された時は、かなり悪化している場合があるそうです・・・

  • 血中アミラーゼ・・・・

  • 膵管閉塞が起こると、アミラーゼの流れが阻害されるため血中アミラーゼの上昇、遅れて血中濃度も増加します。そのほか膵炎や膵臓がんなど膵臓の病気でも変化が起こります。そこで、血液と尿のアミラーゼを測定することで、それらの兆候を読み取ろうというのがこの検査の目的です。
    出典 :膵臓の病気を調べるアミラーゼの検査