風邪と誤解されやすい病気「クローン病」!!!クローン病って一体どんな病気なの???

風邪だと思っていたら実はクローン病だった!!!
そんな事もあるようです!!!
気になるクローン病についての情報をまとめてみました!!!

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クローン病って一体どんな病気なの???

  • クローン病って一体どんな病気なの???

     

    クローン病とは、おもに10~30代の若い人に見られる病気で、口腔から肛門に至るまでの消化管のあらゆる場所(主に小腸や大腸)に、炎症や潰瘍を引き起こす病気です

  • クローン病を発症すると、腹痛、下痢、体重の減少といった症状が出るほか、大出血を引き起こすことがあります。原因は不明ですが遺伝的素因、環境因子(食餌、感染、化学薬品、食品添加物等)、免疫異常などが複雑に絡みあって発症すると考えられています。
    出典 :クローン病とは|クローン病|ドクター's コラム|eo健康
  • クローン病は一体どんな症状が出てくるの???

  • 様々な症状が出てくるようです!!!

     

    全身に様々な症状が出てきます!!!
    当てはまる症状がある人は要注意です!!!

  • 主な症状としては、腹痛、下痢、血便、発熱、嘔吐、貧血、
    栄養不良、痔などの肛門病変、体重減少などがあります。

    腸管の合併症としては、狭窄(腸の内部が狭まること)、
    穿孔(腸に穴が開くこと)、膿瘍(うみ(膿)がたまった状態のこと)、
    などがあります。

    また、関節炎や結節性紅斑(皮下脂肪に炎症が起こって
    皮膚に赤いしこりができる病気)など、全身合併症を伴うこともあります。
    出典 :クローン病の症状と治療法
  • クローン病の治療方法とは???

  • 根本的な治療法はまだ無いようです!!!

     

    クローン病は、原因不明のため、根本的な治療法はありません。
    しかし、適切な治療を行うことにより、寛解(症状が落ち着いて
    安定した状態)を維持することができます。

  • 《栄養療法》

    栄養療法は入院して安静・絶食とし、腸管の安静と
    食事からの刺激を取り除くことで、腹痛や下痢などの
    症状の改善と、消化管の炎症や潰瘍の改善をはかります。
    出典 :クローン病の症状と治療法
  • 《薬物療法》

    5-アミノサリチル酸製薬などの免疫調節薬を用います。
    最近は、抗TNF抗体が使用可能になり、抗体療法が
    行えるようになりました。
    出典 :クローン病の症状と治療法
  • 《外科治療》

    狭窄や穿孔、膿瘍などがひどく、上記の治療でコントロール
    できない場合には、手術が必要となります。
    しかし、病変部を切除しても、50~60%は再発します
    出典 :クローン病の症状と治療法
  • クローン病が風邪と間違えられやすいって本当???

  • 今でもまだマイナーな病気であるが、10年以上前はさらにマイナーな病気で、病院でもクローン病と診断されず、誤診を受けた患者も珍しくない
    出典 :クローン病とは (クローンビョウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
  • 最初は風邪のような症状が出てくることが多いようです!!!

     

    風邪かと思って病院へ行くのが遅くなってしまう人も多いようです!!!
    注意しましょう!!

  • 症状は「微熱」、「腹痛」、「下痢」と軽いため、病院に行かずに治そうとしてしまう人が多いのです。ではどこに気をつければ良いのでしょうか?この病を早期発見する大きな手掛かりは「症状が出続ける期間」。風邪からくる下痢は、2週間以上続くことはまずありません。つまり下痢などの症状が2週間以上続いたなら、クローン病など別の病気を疑った方が良いのです。クローン病は早期に発見出来れば、それだけ食事制限も少なくて済むといいます。だからこそ2週間という段階で病に気づくことが何よりも大切なのです。
    出典 :最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 診察室