投薬と手術二つの脳梗塞の治療方法

脳梗塞は時間が経つほど拡大し、また、残念ながらいったん梗塞により壊死した細胞は元通りには回復しません。

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 血管の閉塞を取り除き、血流を回復させることが本質的な治療になります。
    投薬で血栓を溶かしたり、手術によって血管を広げる治療を行うケースもあります。

  • 脳梗塞の治療方法

  • 血栓溶解療法

  • 脳血管にできた血栓が血流を止めてしまった場合、血栓溶解療法を用いて血管を再開通させます。
    出典 :脳卒中ネット ---> 近年の脳卒中の治療法
     

    特に発症後3時間以内の患者さんに効果がみられるようです。

  • 3時間を超えると梗塞部の血管がもろくなっている可能性が高く、そこに血流を再開させると血管が破れて脳出血を起こす恐れがあるため、他の治療法が行われます。

  • 低体温療法

  • 人工的に患者を低体温状態にすることで、脳細胞の破壊速度をゆっくりにして、様々な処置を行うための時間を稼ぎ出すことが可能になります。
    出典 :低体温療法 | 脳梗塞ココが知りたい!
     

    どのタイプの脳梗塞にしてもある程度の遅延効果が期待できる低体温療法です。

  • あくまで時間稼ぎの補助療法なので、
    他の投薬療法などと組み合わせて行われるみたいです。

  • 脳保護薬

  • 脳梗塞の治療法として存在している「脳保護療法」とは、
    活性酸素除去剤を用いて活性酸素)を低減、脳梗塞による被害を軽減しようという治療法です。
    出典 :脳保護療法(活性酸素除去剤) | 脳梗塞ココが知りたい!
     

    発症24時間以内に使用するのが有効とされています。

  • 抗脳浮腫薬

  • 急性期には梗塞が起こった周辺に水分がたまり、「脳浮腫」と呼ばれるむくみが生じます。
    この圧力が脳を破壊し、後遺症につながります。
    出典 :脳卒中ネット ---> 近年の脳卒中の治療法
     

    正常な脳細胞まで障害されることがあるため、むくみを抑える抗脳浮腫薬の投与を行います。

  • 抗凝固薬

  • 不整脈などにより心臓で生じた血の固まりが脳に運ばれ脳血管がつまることで起こります。
    出典 :病気別の薬フォルダー/脳梗塞の薬-1
  •  

    どちらも「脳梗塞」です。

  • また、すでにtPA投与が間に合わないなどの緊急時には、脳動脈に「カテーテル(非常に細い管)」を通し、血管のつまりを物理的に解消する手術が行われる場合もあります。
    出典 :脳梗塞の前兆と症状~予防・治療の概要を知る
     

    このカテーテル治療も、「発症してから6時間以内」には行う必要があるとされています。

  • 最新の治療では、カテーテルよりも投薬を優先するようです。