何が問題なの!?「膝内障の原因」をしって対処しよう!

膝内障の原因をしっていますか?様々な原因で引き起こされる膝の痛みについて!

view146

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 膝内障とは

  • 膝内障とは、以前は膝関節の嵌頓(かんとん)症状(関節内で半月板や遊離体などが引っかかって屈伸ができない状態)を示す一連の疾患を包括したものでした。医学の進歩とともに膝内障の内容が分析され、いくつかの独立した診断名が確立されました。そして膝内障は、これら数多くの膝関節の損傷・障害の総称として使われるようになりました。
    出典 :膝内障の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 膝の病変として

     

    膝自体の病変で無いものの総称だが、主として膝の中にあるクッションの役割をしている軟骨が損傷したことを言う。さらに炎症を起こしたり、膝を曲げた時に音がなったり、関節に水がたまったりします。

  • 膝内障の原因とは

  • 原因は、ひざにねじりが加わったり、過度の屈曲、伸展が加わって、このクッションの限界を超えてしまうため亀裂が入り、そのため分離した部分が骨の間にはまり込んだり、半月板が異常な動きをするためです。
    出典 :膝内障−病気 症状ガイド
  • 分類と原因

  • 半月板損傷の発生部位は外側半月に多いのが特徴とされてきましたが、近年はスポーツ損傷の増加で内側半月の方が頻度が高くなりました。内側の半月板損傷はスポーツによる外傷で発症することが多く、外側半月板損傷は生まれつき半月板が大きい場合(円板状半月板)に発症することが多いのが特徴です。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 2.側副靱帯損傷:内・外側側副靱帯は、膝の内側と外側にある靱帯で、関節の横ぶれを防ぐ役目をしています。この損傷は内側に多く、スポーツ外傷(スキー、フットボールなど)で外反膝を強制されたときにおこります。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 靱帯の断裂は、はげしいスポーツが盛んになるにつれて増加しています。この断裂の多くは前十字靱帯におこり、半月板や側副靱帯の損傷を合併します。この靱帯が断裂すると、関節血腫をおこし、膝関節が前後方向へ動揺しやすくなって、走行時、走行停止時などに不安感をもつようになります
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 膝の屈伸運動に際して、この異常組織が大腿骨の関節面と接触し、軟骨面に軟化や潰瘍性変化が生じて、階段の昇降やランニングなど痛みを生じ、棚による弾撥現象もみられます。治療は、はげしいスポーツは中止して様子をみた後、痛みのつづくものには関節鏡を用いてこの棚組織を切除します。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 大体の流れ

  • 原因として、膝をねじったり過度の屈曲、 伸展が加わって、このクッションの限界を超えて しまい亀裂が入り、そのため分離した部分が骨の間にはまり込み半月板が異常な動きをするためです。 初期の場合はギプスなどで固定し、膝に負担を極力おさえるようにします。
    出典 :膝内障 | 膝の痛みに悩む方への情報局
  • しかし ある程度進行してしまった場合は手術が必要になります。 半月板損傷でも小さな傷の場合は自然に治りますが、ある程度大きいと治らずそのクッションが正常に機能しないため関節の動きは悪いままの状態です。目安としては受傷後3~4週間経過しても動きの戻らない場合は治療が必要となりますが それよりも早めに病院に行くことです。
    出典 :膝内障 | 膝の痛みに悩む方への情報局
  • 関節の間のクッション的役割をしている軟骨組織の半月板、関節を補強している内外側側副靱帯、前後十字靱帯などの損傷が多く見られます。中でもっとも多いのは半月板の損傷です。原因はスポーツによる外傷、災害事故、交通事故などが主で、特にスポーツによる外傷が増えています。
    出典 :膝内障の症状・治療・診療科目 | 健康Salad
     

    今も多くの膝内障患者が通っていらっしゃいます。膝内障患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っております。中国鍼灸院の針灸治療では、膝内障患者の回復と予後は良好で、多くの膝内障のプロスポーツ選手は仕事の復帰が可能になりました。

  • 鍼灸もある!

     

    今も多くの膝内障患者が通って、膝内障患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っております。また当院中国鍼灸院の針灸治療では、膝内障患者の回復と予後は良好で、多くの膝内障のプロスポーツ選手は仕事の復帰が可能になりました。