妊娠中に食べてはいけないものは?

栄養を摂らないといけない妊婦さん。しかし、これは食べてはいけない、というものがあります。控えた方がいい食べ物とは?

view278

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カロリーの高い物や栄養バランスを崩すものはNG!

  • 塩分、食品添加物、油、甘い物の摂り過ぎはNGです。赤ちゃんのためにも注意しましょう。

  •  

    手軽に食べられるインスタント食品やレトルト食品は、塩分もカロリーも多い食品です。妊娠中は控えるようにしましょう。

  • 妊娠中の特殊な変化なのか、単に歳をとったせいなのか、インスタント系の食品に興味がなくなった。味が濃くて食べきれないことも。そういえば最近ラーメン屋にも行ってない。
     

    無性にインスタント食品が食べたくなってしまうことも。注意しましょう。

  • 3月6日(火)藤枝市水守の「おおはし歯科クリニック」です。妊娠中に好ましくないこと。インスタント食品や加工食品、ファストフードを食べすぎる事です。
     

    インスタント食品は骨にもよくないのです。

  • 普通に妊娠していないときに摂取する分には、危険な添加物ではなく、妊娠中も食べてはいけないものではありませんが、リンには、カルシウムの吸収を抑えてしまう作用があるそうです。
    赤ちゃんの骨をつくるために、カルシウムがたくさん必要な妊娠中の体ですので、せっかく小魚や牛乳でカルシウムを補給しても、リンが吸収を邪魔してしまっては、お母さんの骨や歯に影響が出てしまいます。
    妊娠中に虫歯になると治療も大変ですし、骨がもろくなって骨折、なんてことになったら大変です。
    出典 :妊娠中に気をつけたい食品添加物
     

    妊娠中のカルシウム補充は重要です。

  •  

    免疫力が低下している妊娠中は、生牡蠣などの生魚は避けた方がいいでしょう。ウイルスなどによる食中毒なんてことになったら大変です。

  • 妊娠中に(赤ちゃんに障害を残す病気に)感染しないための11箇条
    風疹と違ってワクチンがないので対応が難しい
    生肉、生魚、チーズなどは気をつけないとね。上の子どもからの感染防止は難しい
    http://t.co/SCevEV3JRh
     

    生肉も注意が必要ですね。

  • そうそう、妊娠中は生ハムとか生魚食うなとか旦那さんに怒られたんだよね。当時、「トキソプラズマ」知らなかったんだけど、教えてくれてよかった(´∀`) 若い男女の皆さんはぜひ知っておくべき。
     

    妊娠初期にトキソプラズマに感染すると赤ちゃんに影響があると言われています。

  • ウイルスやバイ菌類は、加熱すると死滅するので妊娠中はしっかりと加熱されているものを口にするようにしましょう。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
     

    生寿司なども妊娠中は我慢した方がいいですよ。

  • アルコールは赤ちゃんへの影響が大きいもの。注意しないと「胎児性アルコール疾患」などを引き起こすこともあります。

  • あと、飲み会の次の日の朝は必ず早朝覚醒で5時間ぐらい寝たらねれなくなるんだけど、今、妊娠中ということでノンアルコールになってから飲み会の次の日でもぐっすり寝れるようになった。
     

    どうしても飲みたい時にはノンアルコールを。

  • 妊娠中や授乳中に飲酒をしなければ、絶対に発症する事のない疾患とも言えます。妊娠中にどうしてもお酒が飲みたくなった場合は、アルコールフリーの商品で気分転換をしましょう。アルコールフリーの商品は清涼飲料水と同じ扱いになりますので妊娠中に飲んでも問題ありません。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠したら禁酒を心がけるといいですね。

  • 妊娠中にママが食べるものは直接胎児に影響することがあります。赤ちゃんのためにも、食べ物には注意するようにしましょう。