慢性腎不全を食事で改善しよう!!慢性腎不全の食事療法まとめ!!

慢性腎不全で悩んでる人におすすめの慢性腎不全の食事療法についての情報をまとめてみました!!

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性腎不全とは一体どんな病気のことを言うの???

  • 慢性腎不全とは???

     

    腎不全とは腎臓の機能が低下して正常に働くなった状態のことを言います!!!

  • 急性腎不全は多量の出血や薬剤などが原因となって急激に腎臓の機能が低下しますが、適切な治療を受ければ、かなりの部分は回復します。
    出典 :腎不全とは:ノバルティス ファーマ株式会社
  • これに対して慢性腎不全では、慢性の腎臓病が徐々に悪化して腎機能が低下していきます。慢性腎不全を治す有効な治療法はありません。
    出典 :腎不全とは:ノバルティス ファーマ株式会社
     

    腎不全には慢性と急性があるようです!!!

  • 慢性腎不全が進行して末期腎不全に至ると、腎臓の機能が極度に低下し、そのままでは生命を維持できなくなるので人工透析か腎臓移植が必要になります。
    出典 :腎不全とは:ノバルティス ファーマ株式会社
     

    悪化すると大変な事になってしまうようです!!!

  • 生活の中に見られる慢性腎不全の要因とは???

  • 食生活の乱れや喫煙には注意が必要です!!!

     

    あてはまる項目が多い人は特に注意が必要です!!!
    肥満
    飲酒
    運動不足
    ストレス
    喫煙

  • 喫煙は慢性腎臓病の危険因子とみなされています。慢性腎臓病のステージ1から5までのすべての段階で、禁煙が推奨されています。
    出典 :慢性腎臓病の生活と食事
  • 肥満しているほど末期腎不全に至る危険が大きいことが分かっています。
    肥満かどうかを測る指標のひとつにBMIというものがあります。BMIは体重(kg)を身長(m)×身長(m)で割った数値で、25以下になっていれば問題ありません。健康診断などでBMIを測ることもあります。
    出典 :慢性腎臓病の生活と食事
     

    自分が肥満かどうかについて調べてみるのもおすすめです!!!

  • アルコールに関しては、適性飲酒量である日本酒1合以下であれば問題ありません。それ以上の飲酒はリスクを高める可能性があります。
    出典 :慢性腎臓病の生活と食事
     

    飲みすぎには注意しましょう!!!

  • おすすめの慢性腎不全の食事療法のポイントとは???

  • たんぱく質はとりすぎないようにしましょう

     

    たんぱく質を多く摂りすぎると腎臓での負担が大きくなります!!!

  • たんぱく質は魚や肉だけではなく、ご飯、パン、芋類、果物、野菜などにも含まれていますので注意しましょう。
    1日の指示されたたんぱく質量をいろいろな食品からとりましょう。
    出典 :食事療法のポイント | 腎臓病の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • エネルギーはしっかりと摂りましょう!!!

     

    たんぱく質が体内で有効に利用されるよう、エネルギーは不足しないようにしましょう!!!

  • たんぱく質が含まれない砂糖・でんぷん等や油類を上手に使用しましょう。
    甘い和菓子や洋菓子はエネルギーアップになりますが、たんぱく質も多く含まれていますので気をつけましょう。
    サラダ油、マヨネーズ、ドレッシング等の油類は少量で高カロリーがとれます。
    出典 :食事療法のポイント | 腎臓病の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • 食塩は控えましょう!!

     

    腎臓でのナトリウムを排泄する能力が落ちていますので、食塩は控えましょう。特に高血圧の方は食塩の制限が必要となります!!!

  • 加工食品(ハム、ソーセージ等)や練り製品(はんぺんやかまぼこ等)はできるだけ控えましょう。
    漬け物、佃煮、干物はやめましょう。
    みそ汁等の汁物は半量にするか又は飲まないようにしましょう。
    レモンや酢等の酸味の利用により減塩でもおいしく食べられる工夫をしましょう。
    出典 :食事療法のポイント | 腎臓病の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部