手のひらのかゆみとぶつぶつ・・・それって「主婦湿疹」かな?

これからの季節、手のひらのかゆみとぶつぶつが気になりませんか?乾燥の季節になると突然現れる手のひらのかゆみとぶつぶつ。これって「主婦湿疹」ではないでしょうか?どうやったら予防できるのか。そしてどうしたら改善できるのかをまとめてみました。ご参考にどうぞ。

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 主婦湿疹とは?

  • 乾燥する季節になると必ず出てくる手のひらのかゆみとぶつぶつ。かゆみがひどい時は、寝ている間にも掻いてしまうこともありませんか。痒くて仕方なく、最終的にかきむしって皮が剥けて赤くなってしまうことも。これが「主婦湿疹」なんです。
    実は、この主婦湿疹は、「乾燥+水仕事をする人」に多く見られる症状で、乾燥と水仕事で手の角質が奪われてしまうことが原因なんです。
    主婦湿疹になってしまうと水を使わない限り治らないとも言われていますが、少しでも、生活を改善することで主婦湿疹の症状も改善されますよ。

  • 主婦湿疹

     

    ひどい場合はこんな感じになってしまいます。
    水仕事の多い主婦に多く症状がみられることから「主婦湿疹」と言われています。
    主婦以外でも、美容師さんや料理人などにみられる症状です。ひとつに、乾燥する時期の水仕事が原因になります。

  • 症状が手に集中する原因は、水仕事などで手の皮脂や角質が過剰に洗い流されることにあります。天然の保湿クリームである皮脂を失った皮ふは乾燥しやすくなり、バリア機能が弱まります。そうしてバリア機能が低下した皮ふは小さな刺激にも過剰に反応するようになり、湿疹やかゆみなどの肌荒れをおこすようになるのです。
    出典 :かゆ~いぶつぶつに悩む女性が増加中!「主婦湿疹」の原因と対策法 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    症状は「手」以外にはあらわれません。なぜならば、手以外には水仕事をしないからです。
    水仕事を絶えずしているから、自然の保護膜である角質が奪われてしまうのです。

  • 主婦湿疹を予防する方法

  • 主婦湿疹の原因は、乾燥時期の水仕事による保護膜である皮質や角質も過剰に流されてしまうコトによる皮膚の炎症ということです。
    ですから、出来る限り皮質や角質を流されないように保護しておくことが大事なんです。

  • ゴム手袋をはめよう

     

    主婦湿疹で一番の原因は水仕事です。なので、極力水を使うときはゴム手袋をはめるというのもひとつの方法です。
    100均などで売っていますので、気軽に購入することができますね。
    ゴム臭さが気になる方には、あらかじめ布の手袋をはめてからゴム手袋をはめるという方法や、あらかじめ保護クリームを塗っておくなどでそういった問題は回避できるかもしれません。

  • ハンドクリームを絶えず塗ろう

     

    無駄に角質が流されないように保護する必要があります。
    主婦に多大なる人気を誇っているユースキンなどのハンドクリームは、常に保湿をしてくれ、コスパに優れているので、惜しみなく使うことができますね。
    水仕事をしたらこまめにハンドクリームを。この作業が手間ですが、主婦湿疹にはかなり必要になりますよ

  • 洗剤を見直そう

     

    CMでもお馴染みの脂汚れに強い!などという洗剤は、自分の手の脂まで落としてしまいます。
    手に優しいという洗剤を使うだけでも効果はあります。(実際に私はこれでかなり改善されました)
    最近では、環境に優しい+自分の手にも優しい洗剤も多く出てくるようになりましたね。

  • それでも主婦湿疹になったら・・・?

  • 主婦湿疹になってかゆみなどがひどくなった場合、それを改善するには「水を使わないこと」がベストです。しかしながら、主婦になると、いくら予防しても、調理をする間などで水は欠かせません。もちろん、主婦であれば、子供のお世話でお風呂を入れたり、お野菜を洗ったり刻んだりしている間は水を使わなければなりません。
    乾燥している間は、絶対に水仕事をしないというわけにもいかないですよね・・・
    そこで、どうしても主婦湿疹が治まらない、あるいは痒みがとまらなくなってしまったときに頼るのはお薬です。

  • メディクイック

     

    CMなどでも良く出てくる「メディクイック」 ブログや口コミなどでも皮膚科で処方されたお薬よりも効き目があると評判です。
    軟膏タイプとクリームタイプがありますが、軟膏タイプの方が比較的効果があるといわれています。
    このメディクイックを寝る前につけて寝ると効果がありました。