どうしよう!妊娠初期に出血が続く?大丈夫かな。。。

妊娠初期に出血が続く場合、とても心配ですよね。緊急性のある深刻な場合はどのような出血なのでしょうか。症状のタイプと原因などをまとめてみました。

view281

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の出血は約4人に1人が経験するので、慌てないで!

  • 妊娠初期の出血は、正常妊娠でも25%程度の方が経験することであり、あまり心配はありません。出血が直接の原因で流産することはなく、緊急で受診する必要はありませんので、運動などを避けて自宅で安静にすれば、多くの場合、出血はおさまります。
    出典 :妊娠された方へ|京野アートクリニック 仙台市
     

    安静にして治まらないようであれば、かかりつけの医療機関を受診しましょう。

  • 妊娠初期の出血が少量の場合

  • 初期であっても出血するのには以下の原因が挙げられます。
    まず一つ目に「着床時の出血」です。
    受精卵が子宮に着床した時に起こる出血で「おしるし」と呼ばれるものです。
    出典 :妊娠初期出血
     

    これは、心配のない出血です。

  • 他にも、「絨毛性の出血」というものがあります。

  • 受精卵が着床すると胎盤全体に絨毛が張るようにります。
    この絨毛は成長しながら胎盤全体を充実させるので成長している間は血管がどんどん伸びいる状態です。血管が伸び続ければ出血の可能性も高くなるため、子宮から少量の出血が起こりやすくなるのです。
    出典 :妊娠初期出血
     

    こちらも、軽いケースで終ることがほとんどです。長く続くようなら、病院へ。

  • 妊娠初期に多い流産の兆候を見逃さないで!

  • 流産の兆候

     

    お腹の張りや、激しい痛みを伴う出血

  • 一般的におりものが茶色になったり、鮮血の出血量が多いときに流産が疑われます。
    流産を経験した人に聞くと、レバーのような血塊が出たり、卵の白身のような半透明状のものが出たりしたとの経験談があります。
    出典 :妊娠初期の出血
     

    このような場合は、一刻も早く病院へ!

  • 出血が続く原因はいくつかありますが、
    「胞状奇形(奇胎)」によって出血が続く場合には危険です。

  • この絨毛が異常に繁殖し、ブドウの房にようになって子宮内を埋め尽くしてしまうのです。
    そうなると子宮内にいる赤ちゃんは体を形成することができずにそのまま流産になってしまいます。
    出典 :妊娠初期出血
     

    胞状奇形はどんどん大きくなり、早く手術で摘出しないと子宮を全摘出する場合も…できるだけ早く医師の診察を!

  • 子宮外妊娠が原因で出血することもあります。

  • 妊娠5~6週ころの、少量の出血とチクチクする腹部の痛みは子宮外妊娠の心配もあります。
    出典 :●○こんな時は急いで病院へ:育児情報ひろば!|株式会社 明治○●
  • 受精卵が、卵管・卵巣・腹腔内や子宮頸部など、子宮内膜以外のところに着床してしまうことです。
    多いのは卵管に着床するケースで、この場合、受精卵が大きくなると卵管が破裂してしまう心配もあります。
    出典 :●○こんな時は急いで病院へ:育児情報ひろば!|株式会社 明治○●
     

    超音波検査で比較的早い時期に診断がつきます。
    出血の症状があるときは、早く受診しましょう。

  • 妊娠初期に出血が続くと、怖くて不安になってしまいます。心配いらないケースがほとんどですが、まれに緊急を要する場合もあるので、注意しましょう。