カフェインの事実!知っておきましょう!

カフェインはコーヒーとかんがえますが
この効果は作用と副作用があるの知っていますか?

view133

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カフェインの効果とコーヒー

  • カフェインとは、天然の食品成分の一つであり、コーヒーやココア、コーラ、緑茶などに多く含まれている。カフェインを摂取できる主な食品は、コーヒーとお茶である。
    また、カフェインは食品添加物としても利用されている。
    出典 :【カフェイン】 効果・副作用・中毒と多い食品の含有量 | ダイエットSlism
     

    意外と色々なものに入っていますよ

  • カフェインの効果

     

    カフェインには、次のような効果・作用がある。
    •眠気を覚ます作用
    •利尿作用
    •リラックス効果
    •集中力を高める効果

  • カフェインのあれこれ

  • 1. アジア人はカフェインの代謝が遅い
    カフェインの代謝には個人差がある。他の人種に比べるとアジア人はカフェインの代謝が遅く、男女を比べると女性の方が速い。また喫煙者は、そうでない人より2倍も代謝が速いそうだ。
    出典 :知られざるカフェインの真実10選 「エナジードリンクはコーヒーよりカフェインが少ない」など | ロケットニュース24
     

    代謝が遅いのですね

  • 3. 「カフェイン抜きコーヒー」にもカフェインは入っている
    妊婦の人や、カフェインのとりすぎに気をつけている人のなかには、デカフェとも呼ばれる「カフェイン抜きコーヒー」を飲んでいる人も多いだろう。しかし、デカフェにも、レギュラーコーヒーの15%に当たるカフェインが含まれているのだ。
    出典 :知られざるカフェインの真実10選 「エナジードリンクはコーヒーよりカフェインが少ない」など | ロケットニュース24
     

    抜きじゃないじゃん

  • 店によりコーヒーのカフェイン量が違う

     

    米マクドナルドのコーヒーに含まれるカフェインは、9.1ミリグラムで、米スターバックスは倍以上の20.6ミリグラムだそうだ。

  • カフェイン中毒

  • カフェイン中毒

    一度に多くのカフェインを摂取すると、(急性)カフェイン中毒が起こる可能性がある。一般的な成人で、6.5mg/kg以上のカフェインを60分以内に摂取すると50%の人がカフェイン中毒を起こすとされている。
    出典 :【カフェイン】 効果・副作用・中毒と多い食品の含有量 | ダイエットSlism
  • カフェイン中毒の症状には、緊張や不安、落ち着きがなくなるなどの精神症状や、吐き気・嘔吐・胃痛などの身体症状がある。

    また、カフェイン中毒には慢性中毒もあるが、酒やタバコ、薬物などの依存症とは異なる。カフェインを繰り返し摂取し続けた場合に起こる。
    出典 :【カフェイン】 効果・副作用・中毒と多い食品の含有量 | ダイエットSlism
  • 症状と禁断症状・・・

  • ◦心悸亢進◦不整脈◦胃腸障害◦顔面紅潮◦不眠
    ◦神経質◦落ち着かない◦興奮しやすい◦筋肉のケイレン◦緊張しやすい
    ◦頻尿◦精神的な焦燥感◦疲労を感じない◦とりとめのない考えや会話
    出典 :カフェイン中毒
     

    こちらが中毒症状です
    そして足りないと・・・

  • ◦吐き気◦頭が重く感じる(頭重)◦熱感or冷感◦頭痛◦意欲・集中力が低下する◦不安感・抑鬱感
    ◦筋肉痛◦視力障害◦神活動の低下◦疲労感◦社交性が低下する。
    出典 :カフェイン中毒
  • カフェインとダイエットと摂取量

  • カフェインの摂取量

    カフェインの摂取許容量(摂取しても悪影響が及ばない量)は設定されていないが、世界保健機関(WHO)では、妊婦に悪影響を及ぼさない1日当たりの摂取量として、コーヒーに換算して3~4杯と発表している。
    出典 :【カフェイン】 効果・副作用・中毒と多い食品の含有量 | ダイエットSlism
  • カフェインとダイエット

     

    カフェインは、脂肪を分解して脂肪酸にする働きがあり、運動と組み合わせることで脂肪燃焼が増加する。さらに、基礎代謝を高める効果があるとされ、ダイエットに多く活用されている。