不眠症を治す方法まとめ

不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法について解説していきます。

view107

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症の種類

  • まず、あなたが不眠症のどのタイプにあてはまるのかを把握しましょう。不眠症の症状には次の3つのタイプがあります。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 入眠困難の不眠症タイプ

  • 中途覚醒の不眠症タイプ

  • 早期覚醒の不眠症タイプ

  • 不眠症を自覚していらっしゃる方には、どれか1つのタイプに当てはまる方もいますし、全てのタイプに当てはまる方もいらっしゃいます。一般的には、多くのタイプに当てはまっている場合の方が、症状が重いと判断することができます。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 不眠症の対策方法

  •  

    脳を興奮させる行動をとっていた場合、その行動を改善してあげることで、結果として不眠症を解消することができます。現代では、自分の意識しないうちにストレスや強い刺激などを身体が多く受け取っているため、意識的に就寝前にリラックス状態になるように、工夫をすることが大切です。

  • 「睡眠衛生教育」

  • 不眠症や睡眠障害を患っている方は、その治療のために、睡眠に関わる正しい知識を持つことが非常に大切です。そのような知識を啓蒙、普及することを「睡眠衛生教育」と呼びます。
    出典 :睡眠衛生教育
  • 睡眠衛生教育に際しては、睡眠に関する科学的根拠に基づく正しい知識が必須であり、以下の「睡眠障害対処12の指針」が利用されています。
    出典 :睡眠衛生教育
  • 「認知行動療法」

  • 望ましくない条件付けを解消したり、また心身の緊張状態を緩和することを目的にした療法が「認知行動療法」で、いくつかの種類があります。それぞれについて以下にて概略を解説いたします。
    出典 :認知行動療法
  • (1)刺激制御療法

  •  

    正常な睡眠では、いつもの就寝時刻が近づいたり、寝室で横になると眠気が引き起こされ、そのまま自然に眠りにつけるものです。


    ところが、ストレスなどが原因で一過性の不眠となったときに、就寝時刻や寝室などが眠れないことに条件付けされてしまうことがあります。


    このような条件付けがなされると、就寝時刻が近づいたり寝室に入ったりすることがかえって眠りを妨げてしまい、不眠が長期化し慢性的な不眠症に至ります。このような不眠は「条件付け不眠」と呼ばれます。


    条件付け不眠を治療するためには、眠りを妨げる条件反射を引き起こす刺激を取り去ることが大切で、それを目的にした療法のことを「刺激制御療法」といいます。

  • (2)睡眠制御療法

  • 「一晩で8時間眠らなければいけない」、「少しでも長く眠らなければならない」と考えがちで、布団やベッドの中にいる時間を必要以上に長く確保することがあり、このことがかえって中途覚醒などの要因となるなど、熟睡感が得られないことにつながってしまいます。
    出典 :認知行動療法
  • 薬物療法を行っている人はしっかりと医師の指導の下で服用していくようにして下さい。
    出典 :対策方法は?