どのようにする?「気管支炎の治療」方法のまとめ!

気管支炎の治療はどのようにしたらよいのでしょうか?方法をあつめてみました!

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気管支炎とは

  • 一般に「風邪:かぜ」と呼ばれるのが、急性の上気道感染症の総称であるのに対して、炎症が起きる場所がより末梢の気管支などの下気道である時に「気管支炎」と呼んでいます。主な症状は咳や痰ですが、頸や背中の痛みやこわばり、肩こり、手足の筋肉痛や関節痛、時には下痢や嘔吐を伴うこともあります。
    出典 :気管支炎の診断・治療 | 渋谷内科・呼吸器アレルギークリニック
  • 経過から、数日から数週間で治る急性気管支炎と、数週間から数カ月の間にわたって咳や痰などの症状が続く慢性気管支炎とに分けられます。さらに、炎症がより抹消の肺胞領域にまで進展して「気管支肺炎」の病像を呈することもあります。
    出典 :気管支炎の診断・治療 | 渋谷内科・呼吸器アレルギークリニック
  • 胸部X線写真で

     

    新しく異常な陰影が出現した場合には気管支炎ではなく、肺炎として対応するのです。ここがキーポイントとなっている事もあるので注意しましょう!

  • 急性の気管支炎の原因で圧倒的に多いのは、ライノウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルス感染や、マイコプラズマや百日咳菌など、ウイルス以外の病原体により引きおこされるものです。これらの病原体が最初に感染した後で、肺炎球菌やインフルエンザ桿菌などの一般細菌が二次感染を起こしてくる場合もあります。
    出典 :気管支炎の診断・治療 | 渋谷内科・呼吸器アレルギークリニック
     

    ウイルス性が9割を占めている事もあるのです!

  • 気管支炎の治療方法とは

  • 急性の場合は

  • 急性のウイルス感染症では、対症療法が中心となります。温かくして安静を保ち、十分に栄養を摂ることが大切です。咳が強い場合には「鎮咳薬」、痰が多少絡む場合には「去痰薬」というように、それぞれの症状に応じて症状を和らげる薬を用います。
    出典 :気管支炎の診断・治療 | 渋谷内科・呼吸器アレルギークリニック
  • 症状の悪循環を防ぐためにも、咳や痰を沈める薬を飲んで症状を抑えることが大事です。
    出典 :気管支炎の治療について。症状がうつることもあるので注意しよう - NAVER まとめ
  • インフルエンザを発症している場合は

  • インフルエンザを発症し気管支症状が出ている場合には、抗ウイルス薬が投与されるでしょう。乾いた咳の場合は、咳止め薬が有効ですが、痰を伴いはじめたら、咳によって痰を外に出さないといけないため、咳止め薬は逆効果になることもあります。痰を出しやすくする薬が投与されます。細菌感染の場合は,抗生剤を併用することもあります。
    出典 :[気管支炎]気管支炎とは | エーザイの一般生活者向けサイト
     

    細菌感染の場合は抗生剤ですよね!

  • マイコプラズマによる気管支炎は

  • マイコプラズマによる気管支炎は激しい咳が特徴的で、自然軽快することが多いのですが、抗菌薬を用いる場合にはマクロライド系、テトラサイクリン系、ケトライド系、ニューキノロン系抗菌薬が有効です。
    出典 :気管支炎の症状・治療法 [肺・気道の病気] All About
  • 気管支炎の咳は、まずは安静にして経過を観察することが最も適切ですが、あまりに症状がつらい場合にはリン酸コデインあるいはリン酸ジヒドロコデインという、咳を出す中枢に作用する比較的強い鎮咳薬を用いることがあります。
    出典 :気管支炎の症状・治療法 [肺・気道の病気] All About
  • 漢方薬が使われる事がある

     

    麦門冬湯、清肺湯などがその場合使われる事もあるのです!漢方薬での処方が望ましいと考える人もいるかもしれませんが、やはりきちんとした治療を受けないといけませんよ。