いつも起きる!「鳥肌の原因」は意外な理由だった?

鳥肌の原因は以外な理由だったのです。知ってみるとへぇとなるまとめ!

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鳥肌の原理は

  • 急な寒さや恐怖に見舞われたとき、腕などに生じる肌のブツブツ。羽毛をむしり取った後の鳥の肌に似ています。  私たちの肌にも体毛が生えており、その1本1本の根元には立毛筋(りつもうきん)という筋肉が付いています。
    出典 :鳥肌はなぜ起こる? - goo ヘルスケア
  • 立毛筋は交感神経の支配を受けていて、寒さや恐怖などの刺激を受けると交感神経が緊張するので、立毛筋は自分の意思とは関係なしに反射的に収縮、毛穴は閉じられ、肌に沿って斜めに生えていた体毛が立ち上がります。同時に毛穴の周囲の皮膚が持ち上がるので、鳥の肌のようにブツブツ状態になるのです。
    出典 :鳥肌はなぜ起こる? - goo ヘルスケア
     

    これが鳥肌の原理ですね。

  • 鳥肌は

     

    乾燥肌で悩む人もすくなくはありません。しかも、掻いてしまったりするとそこから雑菌が入り、びらんや炎症の原因にもなりかねないのでしっかりとした対策が必要でしょう。

  • 鳥肌の原因は

  • 原因としては自律神経のバランスが崩れている、角質層の乾燥などが考えられます。 角質層の形成異常も考えられ、これには遺伝的な要因も関係していることがあります。 主な治療法としては、スキンケアや栄養バランスの取れた食事ですが、基礎代謝の改善が有効です。
    出典 :鮫肌・鳥肌を治す|アトピーの原因は遺伝じゃない
  • 鳥肌ができるのも、体温が外ににげないようにするための一つの方法なのである。といっても、鳥肌がたつことによって体温をにげないようにできるのは、体にたくさんの毛や羽のある動物で、人間の場合には、ほとんど何の役目もはたさない。
    出典 :寒いと鳥肌がたつ理由 - 雑学・豆知識情報室
  • 急に強い寒冷刺激を受けると交感神経が緊張、立毛筋が無意識のうちに収縮して毛穴を閉じ、体の熱が外に放散するのを防ぎます。この立毛筋の収縮は人間に限った現象ではなく、体毛のある動物(哺乳類)や羽毛のある鳥などでみられます。
    出典 :鳥肌はなぜ起こる? - goo ヘルスケア
  • 特に体毛や羽毛が発達している動物や鳥では、それらが立ち上がることで皮膚の周りの空間に空気の層ができ、保温の効果を高めます。進化して体毛がきわめて少なくなった人間には、この保温効果は望めそうにありませんが。
    出典 :鳥肌はなぜ起こる? - goo ヘルスケア
  • 万が一

  • 一方、強い恐怖を感じる場面に出くわしたときにも立毛筋が収縮して体毛が立ち上がり、鳥肌が現れます。鳥肌がよく見られるのは腕のほかに脚など体毛がよく生えている部位ですが、体毛は全身に生えています。「全身に冷や水を浴びせられたようにゾッとした」とか「総毛立(そうけだ)った」などと言う場合が全身鳥肌状態になることを表しています。
    出典 :鳥肌はなぜ起こる? - goo ヘルスケア
  • ただし、顔には鳥肌が見られません。これは人間の進化の過程で顔の体毛が退化し立毛筋も退化しているので、実際は鳥肌が立つのだけれど目立たないだけ、といわれています。  恐怖に対する立毛筋の反応は、外的に襲われそうなときに鳥や小動物にもよく見られる現象です。
    出典 :鳥肌はなぜ起こる? - goo ヘルスケア
     

    原理に近いかもしれませんね。

  • 人間には、体に毛があまりないので、筋肉のボツボツだけが目立ってしまう。これが鳥肌というわけである。大昔は、人間にもたくさんの毛があり、毛を立たせることによって、体温を保っていたのだろう。
    出典 :寒いと鳥肌がたつ理由 - 雑学・豆知識情報室
     

    このような方法で体温を守っていたのですね。

  • 鳥肌状の乾燥肌による悩みは、見た目上の問題だけとは限りません。まず一つに大きなポイントとして、かゆみが挙げられます。広範囲に渡り強く感じてしまうため、生活の上で非常に苦労させられてしまいます。
    出典 :鳥肌状のぶつぶつが目立つ乾燥肌症状について
     

    乾燥肌も原因になりかねるのですね。

  • どうしてもかゆくなりますが

     

    かかないようにはしたいですね。また、ストレスも肌に色々な影響を与える事が示唆されているようです。こうなってくると良くないので、ストレスの発散をしてみるのもひとつの対策になると思いますよ。