睡眠中の歯ぎしりの原因とは?

寝てる時に歯ぎしりしてしまう人っていますよね
実は歯ぎしりってうるさいだけの問題ではないのです
慢性的に続くようだと深刻な病状も懸念されます
今回は歯ぎしりの原因と対策を紹介します

view193

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯ぎしりとは?

  • 歯ぎしりとは睡眠中に、「ガリガリ」「ギリギリ」と歯を擦り合わせてしまう現象を指します。起きている時に歯ぎしりをしてしまう方は、あまりいらっしゃらないでしょう。歯ぎしりをしている方は、寝ている時に何度もしてしまう特徴があり、歯や歯周組織を傷つけてしまうだけではなく、全身にも影響が起こる怖い現象の一つです。
    出典 :歯ぎしりの原因
     

    全身に影響が及ぼされるのですね。それは怖い

  • 歯ぎしりは、口腔異常習癖の一種であると言われており、上の歯と下の歯を擦り合わせることによって音が生じてしまいます。また、歯をぐっと噛み締めたり、ガタガタと触れ合わせたりしてしまう歯ぎしりもあるのです。
    出典 :歯ぎしりの原因
  • 歯ぎしりをすることによって、様々な二次障害へと発展してしまう恐れがあるので、すぐに改善しなければなりません。ただし、健康な状態の方でも歯ぎしりを睡眠中にすることはあります。その時間が短ければ身体に及ばす影響は少ないと言っても良いのですが、長いと大きな影響が引き起こされてしまいます。
    出典 :歯ぎしりの原因
     

    睡眠中の長時間の歯ぎしりはとても深刻な問題ととらえるべきです

  • 歯ぎしりは、病気の一種です

     

    歯ぎしりをしている方は、平均で睡眠中に40分ほど何らかの動作を行っているので、人から指摘された場合は対策を練りましょう。

  • 歯ぎしりの症状

  • 歯ぎしりは、病気の一種です。
    この病気はプラキシズムと呼ばれ、かみ合わせの異常によって起こります。
    出典 :上前津歯科医院|名古屋/インプラント/審美歯科|歯ぎしりについて
     

    歯ぎしりは立派な病気と考えるべきなのです

  • 普段私たちは意識していませんが、健康な人の上下の歯が接触する時間が食事のときでさえごくわずかです。その時間は一日の20分~30分ぐらいであると言われています。最近は歯ぎしりや食いしばりをする人が増えていると言われています。
    出典 :上前津歯科医院|名古屋/インプラント/審美歯科|歯ぎしりについて
     

    歯を食いしばるという行為は一日の中でもごく短時間なのが正常なのです

  • 歯ぎしりは主に3種類あります

     

    1 グラインディング こすり合わせること(ギリギリと音がする。) 一般的に歯ぎしりと言われる。

    2 クレンチング 強い力で噛みしめたり、食いしばること

    3 タッピング カチカチ咬むこと。

  • 歯ぎしりの及ぼす影響

  • 私たちが食べ物を食べるときは10kg~30kg程度の力しか使われていないのに対して、歯ぎしりをするときは、約60kg~80kg、時には100kgもの力が使われているそうです。
    出典 :上前津歯科医院|名古屋/インプラント/審美歯科|歯ぎしりについて
  • 毎晩のようにこのような強い力で歯ぎしりや食いしばりを続けると歯を支える骨、歯肉、歯根膜などに耐えられる能力異常の「過度の力」が加わり、歯が削れたり、揺れたり、折れたり、割れたりする歯の崩壊が起こります。
    出典 :上前津歯科医院|名古屋/インプラント/審美歯科|歯ぎしりについて
     

    折れたり割れたりってすごいです。想像以上に深刻な問題ですね

  • また、知覚過敏や歯周病が悪化し、歯が抜ける原因にもなってしまいます。放置すれば顎の関節にも影響を及ぼし、顎の痛み、開口障害(口が開けにくい症状)などの症状がでて、顎関節症になってしまう場合もあります。
    出典 :上前津歯科医院|名古屋/インプラント/審美歯科|歯ぎしりについて
  • 睡眠中の歯ぎしりの原因とは?

  • 歯軋りは、ストレスを解消するために行われていると考えられています。そのため、歯ぎしりの最大の原因はストレスだという説が現在最も有力です。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 噛み合わせが原因で歯軋りが起こるという話もよく耳にしますが、かみ合わせが歯軋りの原因だという科学的根拠(エビデンス)は無く、現在ではかみ合わせと歯軋りの関連性はほぼ否定されています。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
     

    歯ぎしりはストレスが原因で、かみ合わせの悪さは関係ないのですね

  • また、歯ぎしりは子供にもよく見られますが、これは歯の生えかわりや骨の発育に必要なものであり、ほとんどの場合自然に治ります。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
     

    歯の生え変わる時期の子供の歯ぎしりは問題ないようです

  • 歯軋りの治療法は?

  • 歯科で最も良く行われる歯軋りの治療法は「マウスピース」(スプリント)です。

     

    マウスピースの値段は歯科医院で購入すると、大体5000円くらいです。
    (健康保険が適用適用の場合)

  • ただ、歯軋りの根本的な原因はストレスである可能性が高いので、何らかの方法でストレスを軽減させることが最重要ポイントとなります。ストレスを軽減させるには自己暗示療法、精神安定剤を使用する方法、漢方を使用する方法などがありますが、普通の歯科医院で行っている所はあまりありません。
    出典 :歯医者での治療3-マウスピース調整 - 歯ぎしり治療体験記
     

    ストレスを無くすことが根本的な治療になります
    これは歯科の範疇外ですね