インフルエンザ対策にいい食べ物、予防は免疫力アップ!

日常生活ではまず、体調を整えて抵抗力をつけることが大切です。ここでは、免疫力をアップする食べ物を紹介します。

view134

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザの特徴

  • インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こる病気で、突然の発熱や全身の倦怠感などの症状が特徴です。伝染性が非常に強く、症状が激しく重症化しやすいなどから、普通のかぜとは区別すべき病気です。特に高齢者や乳幼児は重症化しやすいので注意が必要です。
    出典 :インフルエンザ|アステラス製薬|なるほど病気ガイド
  • 伝染性が非常に強い

     

    伝染性が非常に強く、あっという間に人から人へうつり、広い範囲で流行します。症状が激しく重症化しやすく、肺炎や脳症などの合併症や持病の悪化を引き起こして、死に至ることもあることもありおます

  • インフルエンザ予防と治療

  • 日常生活ではまず、体調を整えて抵抗力をつけ、 ウイルスに接触しないことが大切です。
    また、インフルエンザウイルスは湿度に非常に弱いので、室内を加湿器などを使って適度な湿度に保つことは有効な予防方法です。
    出典 :日常生活での治療法:インフルエンザ情報サービス
  • 食べ物で免疫力を高める

     

    インフルエンザの予防対策で重要なポイントが食べ物で免疫力を高めることです。
    免疫力を高める食べ物は、インフルエンザの予防以外にも、風邪やガンや他の病気にも有効です。

  • インフルエンザによい食べ物

  • ショウガ

     

    辛みの成分ジンゲロンは魚のくさみを消したり、肉や魚などの食物の毒を消す効果があります。
    ジンゲロンは、体内に適度な刺激を与えてくれるため、血液の循環がよくなるほか、発汗を高めて、新陳代謝を活発にし、内臓全体の元気も出てくるので、食欲の増進や疲労の回復に効果を発揮します。

  • ダイコン

     

    免疫力を高めるには、白血球などの細胞がいつも元気に働けるよう、細胞の酸化(老化)を防ぐことが大事です。
    抗酸化食品はいろいろありますが、大根がイチ押しです。
    辛み成分であるイソシアシアネイトに抗酸化の働きがあり、皮との間に多く含まれているので、よく洗って皮ごと食べましょう。
    熱に弱いので、『大根おろし』がおすすめメニューです。ほうれん草やトマトを加えると、抗酸化力がトリプルになり、さらに強力!

  • ニラ

     

    免疫力を高めるには、栄養素がエネルギーとして効率よく燃える必要があります。エネルギーの素である、糖質の代謝に不可欠が栄養素はビタミンB1です。そのビタミン1の働きを助けるのが、にらに含まれている、硫化アリルという成分です。
    にらレバがイチ押し。にら卵、にらと豚肉の炒めものもおすすめです。

  • 長いも

     

    長いものヌメリに含まれるムチンは、たんぱく質の分解を助ける成分です。たんぱく質は細胞の材料となる栄養素なので、免疫力を高めるためには、毎日きちんと補給する必要があります。
    長いもは、消化酵素を含み、食べ物の消化吸収をよくし、新陳代謝を上げるので、昔から“精がつく食べ物”といわれてきました。
    最近では、抗酸化成分を含むこともわかっています。
    長いものせん切りは、昔からある定番メニューです。

  • ヨーグルト

     

    免疫力を高めるためにも、善玉菌であるビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えることが必要です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内でビフィズス菌を増やす働きをし、便秘の解消にも役立ちます。
    バナナを加えると食物繊維がプラスされて整腸作用が強まり、りんごを加えると抗酸化作用が加わって、よりヘルシーです。

  • 海藻類

     

    生命の源である海にはミネラルが豊富にふくまれています。そこで育つ海藻はその海のめぐみをたっぷり吸収しています。免疫力アップにも効果があります。
    効率的にミネラルを取り入れるには海藻を食べるのが最良の方法です。

  • 鶏肉

     

    鶏肉はもとよりたんぱく質が豊富で、しかも低脂肪という優れた食品なのです。アミノ酸の一種であるカルノシンやアンセリンに抗酸化抗力があることがわかりました。
    たんぱく質を効率よく利用するために、たんぱく質の代謝をよくするビタミンB2と合わせて食べましょう。
    鶏のカシューナッツ炒めは、ナッツにビタミンB2が豊富なのでおすすめです。

  • 納豆

     

    納豆などの大豆製品には、イソフラボンという、胃がんを予防する成分が含まれており、これが強い抗酸化力をもっています。
    納豆にはビタミンK2も含まれており、カルシウムが骨に沈着するのを助け、骨を丈夫にします。骨を健康的に維持することで、基礎体力がアップします。
    免疫力アップのためには、毎日でもとりたい食品。よくかき混ぜて、ネバネバにして食べましょう。

  • 梅干し

     

    有効成分の1つにクエン酸があります。代謝をよくすることで疲労を予防・解消し、元気な体を維持します。
    梅干しをアルミ箔に包み、オーブントースターで、ちょっと焦げ目がつく程度に焼きましょう。お茶に入れて飲むと、お茶に含まれるビタミンもとれて効果大です。