妊娠中のペットのうさぎって危険なの?妊娠とペットの関係とは

妊娠中はうさぎはダメと言われたことがある人が多いようですが、本当に妊娠中のペットのうさぎって危険なのでしょうか?妊娠とペットの関係について、まとめてみました。

view224

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のペットのうさぎについて

  • ペットを飼っていて妊娠をすると、「お腹の子に悪いからペットを飼うのをやめなさい」と言われることはありませんか?特に初産の方に多いようですね。そして愛するペットと別れなければならない思いに心痛めるのです。
    出典 :妊婦・赤ちゃんとの生活|飼育方法|うさぎ専門店うさぎのしっぽ
  •  

    ペットを飼うのをやめなさいと言われても、大事な家族ですから困ってしまいますよね。

  • 何故妊婦さんにペットのうさぎはダメなのでしょうか?
    それは「トキソプラズマ」という寄生虫が原因だと言われています。

  • トキソプラズマとは

  • トキソプラズマとは、トキソプラズマ原虫(げんちゅう)と呼ばれる単細胞の寄生虫です。トキソプラズマが原因の感染症は、トキソプラズマ症と呼ばれています。トキソプラズマは、体温を一定に保つ人間や動物に感染します。宿主として有名なの生物は猫です。猫は最終宿主とも呼ばれ、体内でトキソプラズマの増殖が確認されている生物です。
    出典 :妊娠中のトキソプラズマ
  • 猫がトキソプラズマを保有するのは、食事として生のえさやネズミを食べることが大きな原因の1つです。猫は加熱した食べものよりも、生の食べものを食べるのでトキソプラズマに感染します。
    出典 :妊娠中のトキソプラズマ
  •  

    ただし、完全に室内飼いの猫などは、トキソプラズマの可能性は非常に低く、人間が感染する可能性は宝くじに当たるぐらいとも言われています。

  • トキソプラズマに感染した猫のフンには、感染源の寄生虫が含まれています。しかも、なかなか死滅しないので周囲に感染しやすいのです。ただ、感染しても健常時は症状を抑えることができます。
    出典 :妊娠中のトキソプラズマ
  • (トキソプラズマになりやすい人)
    ・動物との接触の多い人。
    ・生食を好んで頻繁に食べている人。
    ・子どもと一緒に公園の砂場遊びをする人。
    ・ガーデニングなど、土いじりを頻繁にする人。

  • トキソプラズマに感染しやすいのは猫を飼っている家庭や、動物と触れ合うことの多い人です。やはりお世話をしていると、間接的にでもトキソプラズマの卵が体内に入ってしまう確率は他より高くなります。でも、動物が身近にいるからといっても感染する確率はわずかだと言われています。
    出典 :妊娠中のトキソプラズマ
  • 次に生ものが大好きな人も、トキソプラズマに感染しやすい食品を好んでいる可能性があります。
    例えば生肉はトキソプラズマの感染経路の1つです。レバーや刺身だけでなく、加熱が不十分なレア状態の肉類、生ハムやサラミも含まれます。
    出典 :妊娠中のトキソプラズマ
  • ガーデニングは、トキソプラズマ症の増加原因の1つでもあります。ガーデニングで土いじりをする人が増加しているので、土からトキソプラズマに感染する人が増加しています。ガーデニングや畑で野菜を育てている場合は、その土壌にトキソプラズマの卵があるかもしれません。
    出典 :妊娠中のトキソプラズマ
  •  

    現代社会では、動物からの感染よりも、ガーデニングや生肉からの感染の方が多くなっているようです。

  • 妊娠中のペットのうさぎの危険性とは?

  • 猫などでよく言われるのが、トキソプラズマなどの寄生虫が人に感染したときに流産してしまうという話で、これもまあ、猫を触った後手を洗うなどの当たり前のことをしていると本来はめったなことが無いのです。
    出典 :疑問あれこれ
  • ウサギにもこのトキソプラズマという寄生虫は感染します。ですが猫のように糞の中に寄生虫を排出することはないので通常感染しにくいです。ウサギの場合は筋肉の中などに寄生虫がいるので、傷のある手でウサギの生肉(食用)を触ったりでもしないかぎりは感染しません。
    出典 :妊婦さんはうさぎと暮らせないの? - その他(ペット) - 教えて!goo
  • (妊娠中でもペットと一緒に生活するための方法)
    ・手洗いを徹底する
    ・ペットのおトイレトレーニングの徹底
    ・毎日の掃除
    ・ノミやダニの予防
    ・濃厚接触は絶対しない

  •  

    うさぎの場合には、猫よりも更に危険性が低くなります。
    ただし、ウサギや他の動物を触った後は、きちんと手を洗うというのは、妊娠していようがいまいが必要なこととなります。

  • 赤ちゃんが生まれてからは、うさぎの毛に関しては気になるところだと思います。病気というより、アレルギー体質のなかにうさぎのアレルギーの項目がありますので、注意は必要になるかと思います。病院で検査を行っているようですので、その場合は試されたり、相談されてみてはいかがでしょうか?
    出典 :妊婦・赤ちゃんとの生活|飼育方法|うさぎ専門店うさぎのしっぽ