マッチョな筋肉が欲しいなら!無酸素運動に決まり☆

基礎代謝の向上も狙う事が出来るのは!
無酸素運動なのです☆痩せやすく太りにくい体質へ!

view222

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 無酸素運動

  • 無酸素運動は、瞬発的に大きな力を発揮する速筋(白筋)を使った運動法。代表的な例として、陸上の短距離走、ウェイトリフティング、レジスタンス運動などがある。無酸素運動は、筋肉内のATPやグリコーゲンを燃料とした短時間の分解反応であり、外部から酸素を取り入れる必要がないことから無酸素運動と呼ばれる。
    出典 :【無酸素運動】速筋(白筋)による酸素を使わない高負荷運動。 | ダイエットSlism
     

    すごいですよね!

  • 速筋に強い負荷を与える運動を繰り返すことにより、筋肉量を増やし、筋力や基礎代謝を向上させることができ、痩せやすく太りにくい体質を得ることも可能。ボディビルなどによるいわゆるマッチョな筋肉とは、無酸素運動により鍛えられた速筋のことである。
    出典 :【無酸素運動】速筋(白筋)による酸素を使わない高負荷運動。 | ダイエットSlism
     

    女性はあまりマッチョになりたくはないはず・・・

  • 境目はどこ

  • 有酸素運動と無酸素運動は、理論的には上記のように分類されています。 ですが、実際にはそれほど、有酸素運動と無酸素運動の境は明確ではないようです。
    出典 :■有酸素運動 と 無酸素運動 【ダイエット ライブラリ】
  • あと有酸素運動であっても、激しく動くと無酸素運動と同じ扱いになってしまいます。 逆に一般的に無酸素運動と呼ばれていても、負荷が軽ければ有酸素運動になるんですよ。 例えば、ダンベルを使う筋トレも負荷の軽い物、つまり重さの軽いダンベルなら有酸素運動になります。 結局のところ、ダイエットという視点ならば、「運動は適度が一番」と言えます。
    出典 :■有酸素運動 と 無酸素運動 【ダイエット ライブラリ】
  • 違いはこう

  • [違い1:力] 短距離走や筋肉トレーニングのように、瞬間的に強い力が必要な時は、糖質を筋肉に溜めておいたグリコーゲンが主原料。この反応は酸素を必要としない為、無酸素運動と呼ばれている。短時間しか運動できないが、筋肉を鍛えることができる。
    出典 :有酸素運動と無酸素運動
  • [違い2:呼吸] 酸素の取り入れ方、つまり呼吸も2つの運動の大きな違い。
    有酸素運動…心拍数+10% 「ハアハア」と息がはずむ。
    無酸素運動…心拍数+30% 「ゼイゼイ」と息が切れる。
    出典 :有酸素運動と無酸素運動
  • きつい人は

  • 普段行うウォーキングやジョギングのペースを若干きついと感じる程度まで挙げてみましょう。呼吸が荒れてくればその時点で無酸素運動をしていることになります。では、無酸素運動についてもう少し詳しく見て行きましょう。
    出典 :無酸素運動とは | 体力づくり応援団
  • 無酸素運動とは筋肉が収縮するために必要となるエネルギーであるATPを酸素を持ちいらずに生成しながら運動することで、ATPを作り出す過程で乳酸が発生します。 乳酸が多くなってしまうと痛みやダルさを感じ、筋肉が動きづらくなってきます。それでも続けていくと筋肉が動かなくなり運動を続けることができなくなります。
    出典 :無酸素運動とは | 体力づくり応援団
  • こんな体操がある

  • スクワットは有名!

     

    スクワットとは、太ももやお尻など
    下肢全体に負荷をかけながら鍛えられる運動☆
    しゃがんで立ち上がるといった簡単な動作を
    繰り返し行うだけの運動だが、きちんとした姿勢や
    呼吸法などで行うと、下肢だけでなく、腹筋や背筋
    さらにインナーマッスルも鍛えることが可能となるそうです!

  • ダンベルを使い、筋肉に軽い負荷をかけた無酸素運動をダンベル体操という。 ダンベルは重いものではなく、軽い物を使用し、色々な姿勢から肘をゆっくりと屈伸・屈曲させることで筋肉を鍛えることができる。 基礎代謝を高めることができ、生活習慣病などの予防にも期待できる。
    出典 :【無酸素運動】速筋(白筋)による酸素を使わない高負荷運動。 | ダイエットSlism
  • ダンベルを使ったスロトレ!?

     

    スロートレーニングとは、ゆっくりとした動作で
    筋肉を増強させるトレーニング法!!
    鍛えたい部位によって、ダンベル体操を
    行う姿勢が異なるため、動画を確認しながら
    行うことをお勧めします☆