【赤ちゃんの急な発熱の対処法】いざと言う時のために覚えておきたいこと

赤ちゃんの急な発熱時の対処法をまとめています。赤ちゃんは頻繁に発熱することがあります。いざと言う時慌てず対応できるよう、発熱時の対処法を覚えておきましょう。

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんは急に発熱しやすい

  • ビックリするような高熱になることも

     

    赤ちゃんは時にビックリするような発熱をすることがあります。赤ちゃんは喋る事ができませんし、非常に心配になりますよね。また、病院へ駆け込んでもすぐに診察してもらえるとは限りません。赤ちゃんの急な発熱時も慌てず対処できるよう、対処法を覚えておきましょう!

  • どうして赤ちゃんは急に発熱する?

  • 6ヵ月後以降の赤ちゃんの急な発熱は免疫系を強化していく為の正常な反応である
    出典 :赤ちゃんが高熱を出したらどうする?
  • 特に乳幼児などは、急に38℃まで発熱することが珍しくありません
    出典 :子供の急な発熱時の対処法!病院を受診する目安はいつ? | Marthaのトレンド.Com
  • 免疫が機能している証拠でもあります

     

    生まれたばかりの赤ちゃんや生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは母乳などに含まれる”抗体”に守られています。しかし生後6ヶ月頃から徐々にその抗体の効果が低下してしまいます。そのため生後6ヶ月以降の赤ちゃんは急な発熱をしやすいのです。
    赤ちゃんの急な発熱は、赤ちゃんの体が病気やウイルスと戦っている証拠でもあります。

  • 急な発熱時に覚えておきたい5つの対処法

  • ①赤ちゃんの様子を観察する

  • まずは子供をよく観察して、いつもと違った様子がないかを見ることです。
    出典 :子供の急な発熱時の対処法!病院を受診する目安はいつ? | Marthaのトレンド.Com
  • 基本的には、こどもの生活、食う・寝る・遊ぶこの三つがうまくいっていれば心配はいりません。
    出典 :急な発熱時の対応
  • 熱以外の症状を観察しましょう

     

    急な発熱があると、どうしても熱だけにとらわれがちです。しかし発熱以外の症状がないかを観察することが大切。食欲はあるか、ちゃんと寝るか、いつもと違う様子はないか、しっかり観察しましょう。

  • ②着るもので体温調節する

  • 体温が上昇しはじめる時は、手足は冷たくなって寒がる時があります。夏でも薄手の長そで長ズボンがいいでしょう。
    出典 :急な発熱時の対応
  • 厚着をさせて汗を出させて熱を下げようとする試みがありますが、子供には過激すぎて体力を消耗しますのでやらない方がいいでしょう。
    出典 :急な発熱時の対応
  • こまめな体温調節を

     

    赤ちゃんは自分の意志で体温調節ができません。状況に応じて着るものや布団で体温調節をしてあげましょう。

  • ③室温を調節する

  • 暑くもなく寒くもないのが理想です。26度前後でしょうか。エアーコンを使用して構いません。直接風があたらないように工夫して下さい。
    出典 :急な発熱時の対応
  • 室温は26℃前後に

     

    エアコンなどを使って室温を調整しましょう。エアコンや扇風機の風が直接赤ちゃんに当たらないように注意してください。

  • ④発熱時の食事

  • 発熱時には、栄養豊富な食べ物をあげたい所ですが、胃腸の働きは低下していますので、糖分などの消化の良いものが一番です。
    出典 :急な発熱時の対応
  • 水分補給はしっかりと

     

    発熱すると汗をよくかきます。こまめな水分補給を忘れず行いましょう。

  • ⑤冷却シートなどの使い方

  • 水枕をあてたり、冷たい水をビニール袋に入れて脇の下や大腿部に当てたりすると、ある程度の解熱効果があります。
    出典 :急な発熱時の対応
  • 冷却シートは気休め程度

     

    実はシート状の冷却シートには解熱効果はありません。しかし赤ちゃんが気持ちよいと感じるようであれば使用してOKだそうです。

  • 病院を受診する際の基準は?

  • ◆月齢3~4カ月以下の乳児の場合

  • 熱の症状だけでも生命に関わる病気の前兆である可能性があります。休日や夜間であっても、早急に病院を受診することが必要です。
    出典 :子供の急な発熱時の対処法!病院を受診する目安はいつ? | Marthaのトレンド.Com
  • 二カ月みまんの赤ちゃんの38度の発熱はできるだけ早く、一度小児科を受診して下さい。2カ月未満の赤ちゃんは抵抗力がなく重大な感染症でも症状は出にくく、急速に進行する事があるのです。
    出典 :急な発熱時の対応
  • 生後6ヶ月未満の赤ちゃんはすぐに病院へ!

     

    生後6ヶ月頃からの赤ちゃんは急な発熱をよく起こしますが、生後6ヶ月未満の場合は一刻を争います。
    この場合は「少し様子を見よう・・」と時間を置くのではなく、すぐに病院を受診しましょう。

  • ◆月齢6カ月くらいの乳児の場合

  • 他の症状が見られずに発熱だけだったら、しばらく様子を見て翌日の朝に受診しましょう。
    出典 :子供の急な発熱時の対処法!病院を受診する目安はいつ? | Marthaのトレンド.Com
     

    初めて発熱した場合は、すぐに病院を受診してもかまいません。

  • ◆月齢6カ月以上の乳幼児の場合

  • 発熱だけで他の症状が見られないときは、基本的にはすぐに病院を受診する必要はないと思われます。
    出典 :子供の急な発熱時の対処法!病院を受診する目安はいつ? | Marthaのトレンド.Com
  • 高熱が1~2日続いたとしても、高熱だけでは脳に悪い影響を与えることはないと考えられています。
    出典 :子供の急な発熱時の対処法!病院を受診する目安はいつ? | Marthaのトレンド.Com
  • こんな時は要注意!

  • 38℃を超える熱が続いていたら、何かの病気と思われます。
    出典 :急な発熱時の対応
  • ひきつけが5分以上続いたり、ひきつけを繰り返す、嘔吐を繰り返す、呼吸が困難そう、ぐったりして意識がもうろうとしているなどの時はすぐに病院に連れていくように
    出典 :赤ちゃんが高熱を出したらどうする?
  • 状況に応じてすぐに病院へ!

     

    基本的に生後6ヶ月程度からの赤ちゃんで、38℃の熱だけの場合は様子を見ていいようです。しかしまだ生後まもない場合や熱以外の症状を伴っている場合は速やかに病院を受診するようにしましょう。