生理不順は妊娠しにくい

生理不順の原因は様々ですが、生理が定期的に来ている場合と比較すると、残念ながら妊娠しにくいことは事実です。生理不順だと妊娠しにくいと言われる原因をまとめてみました。

  • lotta 更新日:2014/03/20

view165

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 理想的な生理周期

  • 生理の周期は、24日から30日くらいが正常範囲、理想は28日周期です。

    周期は一定していることが大切で、先月は、24日、今月は30日周期と言うのでは、正常とはいえません
    出典 :兵庫県宝塚市の漢方薬局 | 漢方薬のことなら漢方ワカマツ薬局へ-生理不順・生理痛とおすすめの漢方薬
  • 正常な生理(月経)プロセス

  • 一定の決まった期間の中で、以下のようなプロセスを経ています。理想的な生理周期は、子宮や卵子が成熟するためには必要不可欠です。

  • ① 卵胞期(低温期)

     

    女性は生まれた時から、卵巣内に原始卵胞を持っています。その原始卵胞が月に一度、卵胞に成長します。 卵胞からは卵胞ホルモンが分泌され、子宮内膜がしだいにやわらかくなっていきます。 卵胞ホルモンは体温をさげるので、この期間は低温期になります。

  • ② 排卵期

     

    2週間ほどで成長する卵胞から卵子が飛び出し、卵管に吸い上げられます(排卵)。 この時、卵管内に精子がいると受精が起きます。排卵後の卵胞は黄体へと変化し、卵胞ホルモンと同時に黄体ホルモンを分泌しはじめます。

  • ③ 黄体期(高温期)

     

    卵胞ホルモンの代わりに黄体ホルモンが分泌されるようになると、子宮内膜から粘液が出て受精卵が着床しやすい状態になります。 受精卵が着床すれば、黄体ホルモンがさらに分泌され子宮内膜を支えます(妊娠)。黄体ホルモンは体温をあげるので、この期間は高温期になります。

  • ④ 月経期

     

    黄体期に着床が起こらなければ、子宮内膜は不必要なものとなり内膜の組織がはがれ落ちます。 このはがれ落ちた内膜が体外へ排出されることが生理なのです。また、黄体ホルモンの分泌量がさがるため、体温も一気にさがります。

  • 生理不順(月経不順)の種類

  • 生理不順だからと言って、妊娠ができないと決めつける必要なありません。
    でも、生理周期が乱れるということは、これまで見てきたような赤ちゃんを子宮に迎えるための準備が十分に整っていない可能性があります。

  • 稀発月経

  • 生理の周期が長いものをいいます。 稀発月経は、排卵が遅れている、排卵が無い、などの原因が考えられています。
    出典 :不妊の原因となる生理不順|不妊症119番
     

    稀発月経の生理不順でも、排卵がある場合は、不妊とは言えません。ただし、排卵の回数が通常の場合より少なくなるため、妊娠する可能性が極端に低くなります。

  • 頻発月経

  • 主に生理の周期が短いものをいいます。頻発月経になるのは、排卵がないもの、卵胞の期間が短い、黄体ホルモンの異常などの原因が考えられます
    出典 :不妊の原因となる生理不順|不妊症119番
     

    無排卵の頻発月経にしても稀発月経にしても排卵が無いわけですから、妊娠する可能性はなく、不妊となる生理不順といえます。

  • 過長月経と過多月経

  • 月経期間がダラダラと8日以上続く状態を過長[かちょう]月経といい、原因として、ホルモンバランスの乱れや子宮の病気が考えられます。
    出典 :不妊の原因となる生理不順|不妊症119番
     

    また、出血量が増える、経血にレバー状のかたまりが混じる、月経痛がひどいなどの症状がみられる過多[かた]月経のときは、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜炎、子宮がん、ポリープなどの病気が原因になっていることもあるので要注意です。

  •  

    視床下部、脳下垂体、卵巣など女性ホルモンの分泌に関係する器官になんらかのトラブルがあって無排卵周期になっている、または黄体ホルモンの分泌が不十分なために黄体機能不全になっている可能性もあります。

  • 過少月経と過短月経

  • 経血量が極端に少なく、ナプキンの表面に経血がわずかにつく程度で終わってしまうような状態を過少[かしょう]月経といい、月経が2日以内で終わってしまう場合を過短[かたん]月経といいます。
    出典 :不妊の原因となる生理不順|不妊症119番
     

    月経は来ても排卵のない無排卵月経(→「基礎体温」の項で紹介)になっている場合も多いので、長いあいだ放置すると不妊の原因にもなります。場合によっては、ホルモン剤などでの治療が必要なこともあります。

  •  

    女性ホルモンの分泌量が少ないため、子宮内膜の厚みが薄い、あるいは子宮自体の発育不全などのほか、甲状腺機能異常が原因のこともあります。

  • プレ更年期の月経不順