「カンジダ」実はよくある病気なのです!

女性によくある病気「カンジダ」・・・
どんな病気なのでしょうか?

view393

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カンジダ

  • カンジダ

     

    カンジダ(カンジタ)はカンジダ・アルビカンスというカビの一種が膣内で繁殖して起こる病気です。
    トリコモナスと同様に健康なときには炎症は起こさないのですが、 体調を崩している人には症状が出やすくなります。
    セックスによる感染が多く、男性は自覚症状が出ないことが多いため、知らないうちに女性にうつしてしまうことがあります。

  • カンジダの正体は酵母カビの一種で、性感染症ではありません。風邪、ストレス、寝不足、疲労などで体力が落ちた時に症状がでます。それ以外にも風邪、膀胱炎、淋菌、クラミジアの治療で抗生物質を服用した後にカンジダ症になることがあります。
    出典 :カンジダとは?:性病検査のアイラボ
  • 感染経路

  • カンジダは、私達の周りにいるカビで、膣や外陰部にもいます。誰かからうつされたというよりは、免疫力の低下や抗生物質の使用などによって、体のバランスが崩れた時に発症します。風呂やトイレ、食器の共用などでは感染はしません。
    出典 :カンジダとは?:性病検査のアイラボ
  • 症状

  • カンジダ(カンジタ)にかかると、女性は酒粕状の白いおりものが増え、強い痒みを覚えます。
    外陰部が赤く腫れ、セックスの時に痛むこともあります。
    出典 :カンジダ 上野クリニック
  • カンジダは性感染症ではありません。風邪、ストレス、寝不足、疲労などで体力が落ちた時に症状がでます。それ以外にも風邪、膀胱炎、淋菌、クラミジアの治療で抗生物質を服用した後にカンジダ症になることがあります。
    出典 :カンジダとは?:性病検査のアイラボ
  • 目立った症状

  • ・外陰部や腟のかゆみ
    ・ヨーグルト状のおりものの増加
    ・性器の炎症(灼熱感、痛み)
    ・性交痛
    ・排尿障害
    出典 :性器カンジダ症とは|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
  • 妊娠時

  • カンジダは膣内の糖分(グリコーゲン)が多くなると繁殖します。性周期の中では排卵が終わって次の生理までの間(黄体期)、妊娠中やピルを飲んでいる時もプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響を受けて膣内のグリコーゲンが増えるので、カンジダ症になりやすいのです。
    出典 :カンジダとは?:性病検査のアイラボ
  • 治療法

  • 抗真菌剤とクリームを併用したり、内服薬を服用することで対処します。
    原因が男性にある場合も多いので、ピンポン感染を防ぐためにもパートナーといっしょに治療することが大事です。
    出典 :カンジダ 上野クリニック
  • カンジダ治療には膣錠、膣坐薬、軟膏、クリーム、経口錠があります。
    出典 :カンジダとは?:性病検査のアイラボ