家庭も仕事も選んだ30代後半からの女性の妊活!妊活成功のためにできることって?

急増している30代、または30代後半からの妊活!諦めないで妊娠したい!と思っている、30代後半の女性も多くなっています。では30代後半での妊活とはどんなものなのでしょう?

view1075

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 30代後半で妊活をスタートする人も多数!

  • 以前なら、30代も半ばを過ぎれば高齢出産というイメージが強かったかもしれませんが、女性の社会進出とともに、出産年齢も高齢化。
    いまや、30代後半から妊活を始める人も増えています。

  •  

    「妊活」という言葉もすっかり浸透

  •  

    パートナーと助け合って妊活を。

  • 30代後半での妊活の不安!年齢とともに妊娠しにくくなるって本当?

  •  

    高齢出産にはリスクもありますが、それでもトライする人が多数

  • 妊娠しようと思ってから妊娠するまでの期間は、年齢によって違います。妊娠や出産に差しさわりのない状況・環境であれば、20代前半では2~3ヵ月ぐらい、20代後半から30代前半では4~6ヵ月、30代半ばから後半では6~10ヵ月が、妊娠するまでの平均的な期間。
    出典 :がんばりすぎない妊活テクニック ...|カラダとココロを大切に
     

    若い方が妊娠しやすいのはやはり事実

  • 卵子は、年齢とともに減るだけでなく、もちろん質も変わってきます。卵子が細胞分裂するために活躍するミトコンドリアも、年齢とともに弱くなってきます。女性の高齢化は、卵巣や卵子の高齢化でもあるのです。
    出典 :妊活.net : 今から産むことに向き合ってみよう
     

    できることなら早めの段階で妊娠・妊活のプランを立てよう

  • 高齢になったからといって、妊娠がまったくできないというわけではありません。

    それでもやはり、女性の機能の高齢化も同時に進んでいることは忘れてはいけないようです。

  • 年齢が上がるとともに妊娠しにくくなるのは確かですが、30代後半でも1年以内で6割近くは妊娠するという統計もあります。だから、もちろんまったく妊娠しないというわけではないんです。
    出典 :がんばりすぎない妊活テクニック ...|カラダとココロを大切に
     

    焦らないで妊活に取り組めば妊娠も可能

  • 不妊治療を受けている人も多い30代後半。知っておきたい基礎知識

  • 30代後半から子作りを始めた私。ベビ待ち開始とともに、クリニックに通って、ひととおりの不妊検査もして、排卵誘発もして、医師にタイミングも見てもらって・・・それでも、なかなかすぐには妊娠しませんでした。36歳になってから妊活開始と共にクリニックに通い始め、ちょうどその1年後くらいの11周期目から体外受精に進みました。
    出典 :妊活の進め方(3)|36歳・知識ゼロ からスタートの子作り!
     

    自然妊娠とはいかない場合も・・・

  •  

    不妊治療は日進月歩

  • Q:不妊治療ってどれくらいの年齢の人が受けてますか?
    A:一番多い年齢層は30代後半です。でももちろん20代前半の人もいますし、最近では40代の人も増えてきています。
    出典 :妊活!子作りのコツ・不妊治療
     

    不妊治療が増えるのが30代後半

  •  

    旦那様の支えもあってこその不妊治療。2人でよく理解しあいましょう。

  • Q:不妊治療ってどれくらいお金がかかりますか?
    A:10万もかからずに妊娠する人もいれば、数百万使っても妊娠しない人もいます。ただ、不妊治療は全般的に高額で検査だけでもお金がかかるので、治療を始める際にできたら数十万はお金を用意しておくと安心です。体外受精などの高度治療を望むなら、百万は用意したいところです。
    出典 :妊活!子作りのコツ・不妊治療
     

    ある程度貯蓄もしておきたいですね。