身体の老化を防ぐ!?マンゴスチンとは☆

身体の老化を防いでくれる効果を持つ!
マンゴスチンの不思議な力とは☆

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マンゴスチン

  • マンゴスチンは東南アジアで栽培されているフルーツで世界三大フルーツのひとつである。エリザベス女王が食べたときに果物の女王と言ったことで果物の女王と言われている。(参考としてラフランスも果物の女王と言われている。)1つの実の中には6個前後の果肉がはいっている。
    出典 :マンゴスチン - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
  • マンゴスチン

     

    外皮には整腸作用や湿疹を予防する効果などが
    あると言われているのです!
    近年ではマンゴスチンにキトサンが含まれている
    という報告もあるそうです!
    キトサンは腸の中に存在する脂質やコレステロール
    有害物質などと結びつき、体外へ排出する働きが☆
    抗酸化作用があり、身体の老化も防いでくれるという
    アンチエイジング効果付き♪

  • 新聞にも!

  • 果皮は民間伝承療法として数百年にも亘って利用され続けてきました。東南アジアの人々は、日常生活の中でマンゴスチンに秘められた数々の健康上の恩恵を見い出し、美肌・滋養強壮・抗炎症・解熱・胃腸薬などとして珍重し、しかも安全な食品であることを身を持って確かめてきました。
    出典 :奇跡のフルーツ・果実の女王     【マンゴスチン】とは? - mangosteenlifes jimdo page!
  • 画像はクリックして拡大!

     

    最近では、マンゴスチンに含まれる
    現在発見されているポリフェノールの中でも
    最強の抗酸化作用を有すると言われるキサントンは!
    特に『がんの抑制』や『抗酸化作用』に関して驚異的な
    効力が認められるため、新聞・テレビ等のメディアでも
    紹介されるようになりました!!!

  • ちょっとした知識

  • フルーツの女王!?

     

    世界的な認識として「果実の女王は?」という問いには
    「マンゴスチン」と答える人が圧倒的に多いはずです!
    ちなみに、果物の王様はドリアンをさすことが多いようです☆

  • 普通、一つの品目にはたくさんの品種があるものですが、マンゴスチンは世界中のほとんど全てが同一品種であるようです。それはマンゴスチンの花には花粉が作られないためです。花粉がないから、当然、受粉もありません。母方の珠心細胞が単為生殖により不定胚を形成し、ここから繁殖が行われるのです。
    出典 :果実の知識【マンゴスチン】<丸果石川中央青果>
  • 見分け方と保存方法

  • おいしいマンゴスチンは、果皮に水分があり、程良い弾力があるものが良いとされています。 果皮が乾燥しているものは、収穫されてから時間が経ったものです。また、サイズは大きいほうが果肉が多く詰まっています。
    出典 :マンゴスチン | 成分情報 | わかさの秘密
  • 購入後3~5日以内に食べるとおいしく召し上がれます。また、マンゴスチンの生の果実が市場に出回るのは6月頃で、この時期を逃すと日持ちのしないマンゴスチンの生の果実はほとんど食べることができません。
    出典 :マンゴスチン | 成分情報 | わかさの秘密
  • 抗癌作用

  • 多くの基礎研究によって、キサントンには強力な抗酸化作用、COX-2阻害作用などの抗炎症作用、がん細胞にアポトーシス(細胞死)を誘導する作用、転写因子NF-κB活性の阻害作用、細胞増殖を促進するMAPキナーゼやAktなどのプロテインキナーゼの阻害作用などが報告されています。
    出典 :キサントン:マンゴスチン果皮に含まれる抗がん成分
  • 台湾の漢方医学国立研究所からの研究で、マンゴスチンに含まれるキサントンの一種のガルシノンEという成分が、肝臓がんや胃がんや肺がんに対して抗腫瘍効果を示すことを培養細胞を使った実験で報告しています。この実験では、ガルシノンEは10μM以下の低濃度でほとんどのがん細胞が死ぬことが示されています。
    出典 :キサントン:マンゴスチン果皮に含まれる抗がん成分