帝王切開のメリットとデメリット

日本では今、5人に1人の割合で帝王切開が行なわれています。医師の診断で母子の安全性を考えての場合や、自ら帝王切開を希望している場合もあります。帝王切開のメリットとデメリットについてまとめてみました。

  • Forti 更新日:2014/05/05

view318

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産方法として帝王切開とは

  • 帝王切開(ていおうせっかい、独: Kaiserschnitt、英: Caesarean section、米: Cesarean section)は、子宮切開によって胎児を取り出す手術方法である。

    医療関係者では略して「帝切」、または「カイザー」、「C-section」などと呼ばれることもある。
    出典 :帝王切開 - Wikipedia
  • 日本では今、約5人に1人の赤ちゃんが「帝王切開」で生まれています。
    出典 :帝王切開ナビ-トップページ
  • 帝王切開の体験談
    出典 :初めての帝王切開体験│先輩ママの体験談│帝王切開ナビ
  • 帝王切開後の素朴な疑問、例えば、食事はいつから食べられる?
    →手術の翌日、流動食から始めます。
    出典 :帝王切開の術後&入院生活のソボクなギモン - gooベビー
  • 帝王切開になるケースは2通り

  • 妊娠中から帝王切開が計画される→ 予定帝王切開
    経腟分娩から帝王切開に移行することで、帝王切開の方がお母さんや赤ちゃんの危険性が少ないと判断された場合に選択される→ 緊急帝王切開
    上記の2通りがあります。緊急帝王切開の場合は、心の準備とかあると思いますが、子供が無事に生まれる安全な出産方法としてとらえることが大切だと感じます。

  • ☆帝王切開のメリットはどんなこと?

  •  

    ・母子の安全性を考えてのおなかを切って赤ちゃんを出す「安全なお産」の一つ。
    ・会陰切開がない。
    ・産後のトイレが辛くない。
    ・短時間出産:麻酔の時間を合わせても1時間程度
    ・誕生日を決められる:手術日を医師と相談して決めるため、生まれてくる日がわかる。
    ・産道が傷つかない:苦しくないのでリラックスしてお産に望める。

  • 帝王切開でもらえる保険金制度とは?

  • 1.医療保険から10万円程度の給付金を受け取ることができる。 2. 健康保険適応で3割負担となる項目がある。 3. 健康保険から出産育児一時金42万円が支給される。 4. 給与の3分の2の補助となる出産手当金をもら える。5.高額療養費制度を申請できる。6.高額医療費控除を活用できる。
    出典 :帝王切開時に医療保険は適用になる?
  • ☆帝王切開のデメリットはどんなこと?

  •  

    ・入院日数が長い。
    ・お風呂も入れない。
    ・術後お腹がすいたと思っても、暫くしっかり食事を取れない。
    ・全身麻酔(麻酔の投与量の調節の必要、麻酔が合わない体質の人もいます)のリスクがある。
    ・傷は残るし癒着に悩まされる。
    ・子供が傷を見て怖がって私は子供産みたくない…と言ったりすること。

  • 術後の癒着とは一体どういう症状?

  •  

    帝王切開では腹部の皮膚・筋肉・子宮壁を切開するので膀胱や大腸と癒着を生じるリスクがあるようです。癒着を防ぐために術後動くようにした方がよいという意見もあります。

  • 帝王切開はお腹と子宮を切開する手術ですので、一般の手術と同様に術後の癒着防止対策は大切な処置となります。癒着が起こると次のような障害が起きることがあります。
    ・ 下腹部痛などの慢性的愁訴・ 腸管の蠕動(ぜんどう)運動の障害
    ・不妊症・ 膀胱の機能障害・ 次に手術を行う時、癒着により手術操作が行いにくくなる
    そのため産婦人科の先生は、癒着を防ぐためになど十分注意して手術を行っています。
    出典 :癒着どっとCOM
  • いろいろな意見を見ながらやはり無事に出産できることが最大のメリットのような気がします。そして、1人の命をこの世に誕生させるための安全な方法の一つが帝王切開だということだと思います。