やりすぎスキンケアを見直す。過保護はお肌を荒らすって本当?

あなたは、お肌に過保護になっていませんか?
しっかりスキンケアをしているのに、なんだかお肌の調子が改善しない。
そう感じている人は、お肌にかまい過ぎなのかもしれません。

  • mippi 更新日:2014/02/24

view140

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 特に冬は、お肌に過保護になりがち

  • 乾燥する時期だからこそ、たっぷりとクリームを塗って保護をする。
    これは間違った事ではありませんが、多くの人は知らず知らずのうちに保湿を「やり過ぎて」いるのに気づいていません。

  • お肌には自分を守る機能が備わっている

  • バリア機能は、どんな人の肌にも備わっているものです。
    過保護にすることで、そのバリア機能の働きを奪っているのです。

  •  

    お肌を甘やかしすぎていませんか?
    甘やかされたお肌は、自分を守る能力が衰え、手厚い助けなしでは再生できなくなりますよ。

  • バリア機能を奪う原因とは?

  • 「私って、お肌に過保護すぎるのかな?」

     

    どのような行動がバリア機能を奪うのでしょうか。

  • 刺激の強い化粧品を使っている
    出典 :乾燥性敏感肌の原因と対策 | 美肌マニアの美容情報
     

    若いのに、年代の高い人用向けの保湿力抜群の化粧品を使うなどしていると、お肌が甘やかされてバリア機能が低下します。

  • 肌質に合わない洗顔料を使っている
    出典 :肌質に合わない洗顔料を使っている
     

    かえって乾燥を助長してしまいます。

  • 高い化粧品を使えばいいというわけではない

  •  

    高級だからもったいないと思って、少しずつ使うのでは、効果発揮されません。
    それであれば、いっそのこと低価格のものをたっぷりと使う方が効果的です。

  • 大切なのは自分でできる範囲でケアを毎日行うことです。
    出典 :あなたの保湿ケアは肌の潤いを逃がす!意外と多いこんな勘違い保湿ケア | 美容ブログ [女性の美学]
     

    適切なケアを続けるためのコツです。

  • お肌を柔らかくする事から始めましょう

  • きめが整っているお肌は柔らかです。
    出来るだけシンプルなケアで済むように、まずは畑である「お肌」の状態を整えましょう。

  • ピーリングがおすすめ

     

    化粧水がしみこみにくいと感じている人は、角質がたまっている可能性があります。
    定期的にピーリングをすることで、シンプルケアでもきれいなお肌が保てますよ。
    ただし、ピーリングもやり過ぎには注意。

  • 過保護なスキンケアは少しお休みして、できるだけシンプルなケアを心がけ、お肌の力を引き出してあげましょう。
    はじめは少し肌荒れするかもしれませんが、徐々に調子が戻ってきますよ。