妊娠中に気をつけたい食べ物!妊婦はひじきを食べても大丈夫?

妊娠中は食べ物にとても気をつけなければいけませんが妊婦はひじきを食べても大丈夫なんでしょうか?

子供の安全を守る為にも、妊娠中にひじきは食べてもいいのか調べてみました!

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に食べちゃいけないもの

  •  

    生の魚介類、特に牡蠣、アサリ、二枚貝などには『ノロウイルス』が存在する場合があるので、妊娠中な生の魚介類を食べるのは控えましょう。

    きちんと加熱されていれば菌は死滅するので食べることができます。

  •  

    生の肉には『O-157』や『トキソプラズマ』といった菌がいる場合があります。
    『O-157』は生の肉を食べてしまうことによって感染してしまい、重症になるとかなり大変なことになってしまいます。

    また、『トキソプラズマ』は豚や鹿、羊肉やネコの糞にいる寄生虫で、『トキソプラズマ』に感染したことのない妊婦が感染すると、お腹の中の胎児が重い障害になってしまうケースもあるので生のお肉を食べる際もしっかりと加熱するよう心がけましょう。

  •  

    生卵の殻には場合によっては『サルモネラ菌』が付着していることがあります。

    その為、生で食べる際に殻に付着していた『サルモネラ菌』に感染してしまうケースもあります。

    サルモネラ菌に感染してしまっても、直接胎児への影響はありませんが、下痢などの腹痛で子宮が収縮してしまうと胎児に影響を与えるケースもあります。

  •  

    そして実は、ひじきも妊娠中にはよくないと言われている食べ物の1つなんです。

  • 妊婦はひじきを食べちゃダメ?

  • ひじきは実はヒ素を含んでいる食べ物なんです。

    ですが、日本のひじきに含まれているヒ素はごく少量なので、食べ過ぎなければ問題はないと言われています。

    毎日4,7g以上の量を食べ続けるということがなければひじきを食べても身体に悪影響を及ぼすことはないと言われています。

    そして、妊娠期間中に食べ物に対して慎重になりすぎるもの良くないようです。

  • バランスの良い食事が重要

  • 魚には水銀が、ひじきにはヒ素が含まれていると言われています。

    含まれている量はとても少ないので、摂りすぎるということがなければ大丈夫なのですが、子供のことを心配しすぎるあまり、魚やひじきを全く食べないというのも、胎児に良いこととは言えません。

  • 魚は良質なタンパク質、脳の発達にも良いと言われている成分が含まれているので、週に1回で80gまでであれば進んで摂取した方が胎児の成長に良いです。

    なので、食べない方が良いと言われている魚も、量を守って食べるようにしましょう。

  • 妊娠中の貧血には?

  • 妊婦の女性に多くみられるのが貧血。
    胎児に多くの鉄分を吸収されてしまうため、貧血になる妊婦さんが多いんです。

    そうなると、少しでも鉄分を増やすために食事に気をつけなければいけません。

  •  

    そうなると鉄分を摂取するのに最初に浮かぶのがレバーやほうれん草ですよね。

    ですが、レバーは鉄分を多く含んでいますが、ビタミンAも多く含んでいるんです。

  • ビタミンAを過剰に摂取してしまうと、皮膚剥離、皮膚障害などの胎児への影響が心配されるので、妊娠中に鉄分を摂取するために食べる物としてはあまりよくありません。

    そこで摂取したいのがひじきです!

  • ひじきは100g中55mgもの鉄分を含んでいるので、貧血の妊婦さんには最適の食材なんです。

  •  

    妊婦がひじきを食べるのはあまり良くないと言われがちですが、量さえ守って食べれば、妊娠中にも良い効果がある食材です。

    毎日摂取とは言いませんが、貧血にならないためにも定期的に摂取しておきたい食材です。