二人目不妊の悩みと子供からの期待にどう応える?

二人目不妊で悩んでいる方は意外といます。二人目がなかなかできず、何度も諦めようとするものの、上の子からの期待が大きくてなかなか諦めまでに至らない。上の子が赤ちゃんを待っているから欲しい!そういうママ達も多いのでは?赤ちゃんを欲しがる一人目のこどもにどのように接してますか?

  • rico 更新日:2014/05/07

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一人より二人がいい

  • 最近の出生率は1.29、つまり1人の女性が産む子どもの数が1.29なので、ほとんどが、ひとりっ子なのですが、多くの人が、子どもは2人ほしいという気持ちをもっているようです。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
     

    一人に対してじっくり向き合って大切に時間を過ごしたいという気持ちもある中、兄弟というつながりの存在を実感してもらって家族の大切さを教えていきたいとも思いますね。

  • どうしてできないの?二人目!

  • 1人目は出産できたのだから、お互いに不妊要因なんてないはずと考えてしまいがちですが、一人目の時に比べて、お互いに年齢も上がっているでしょうし、大抵の場合、日々の忙しさだって増しています。
    出典 :二人目不妊-早く赤ちゃんが欲しい!妊娠したい!を叶えるには?
     

    忙しさからストレスだったり、目の前にいる子供の世話で精一杯で何も妊活らしき行動が取れない、ということもありますね。

  • 38歳を過ぎると卵子の老化が急速に進むので、なかなか妊娠できなくなります。また、卵子とともに子宮内膜も老化が始まり、内膜の血流も悪くなったりして、せっかく卵子が受精していても、それが子宮内膜に着床できず、妊娠が成立しなくなるのです。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
     

    現代では晩婚化も進み、一人目が30代半ばで出産も多く、二人目を考えるときには30代後半以降だったりする。

  • それでも1人いるからと言った気持ちと、どうしてももう1人欲しいといった気持ちで揺れ動いてしまうことも多いみたいです。
    出典 :二人目不妊-早く赤ちゃんが欲しい!妊娠したい!を叶えるには?
     

    この揺れ動く気持ちは二人目不妊の無くならない悩みですね。

  • 不妊治療は治療費の経済的な負担だけでなく、通院の時間、注射などを受ける身体的な負担、治療がうまくいかない場合にうつになる患者さんも多いなど精神的な負担も無視できません
    出典 :不妊治療で子どもを持てる確率は治療開始が40歳なら1割 35〜39歳だと4割 ただし子どもが一人前になるにはいつ産まれても25年は掛かる: 天漢日乗
     

    一人目がいる場合、一人目に精一杯お金をかけるか、それとも兄弟を作ってあげることが大切か、とても悩むものです。 でも二人目が出来ないことでストレスになり、一人目をゆったり育ててあげられないことになったら本末転倒ですね。

  • 一人目の子どもの声

  • お友達が次々お兄ちゃんお姉ちゃんになっていき、娘も「なんでうちに赤ちゃん来ないのかな」と思っているのも伝わってきて。
    出典 :二人目不妊はぜいたくな悩みだと友人に言われてしまいました。そうなのですか? - Yahoo!知恵袋
     

    お友達が出来て嬉しいように、兄弟が出来ると嬉しいし、お兄ちゃんやお姉ちゃんになったことで誇り高くなり、成長もまたできるのが子供なので、周りにそういうお友達ができたら子供は自然にうらやましくなりますね。

  • 息子から「僕も赤ちゃん欲しいなぁ・・・。何で僕にはいないんだろう。お兄ちゃんも欲しいなぁ。」と言われます。
    出典 :息子から赤ちゃんが欲しいと言われて・・・ すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    一人っ子にとっては上でも下でも男の子でも女の子でも兄弟がいるお友達をうらやましがるものです。仮に一人っ子で贅沢に過ごしていたとしても無いものねだりのように。でもおもちゃでもなく、人であり家族としてですから「いたらいいなあ。欲しいなあ。」と思うのも無理ないですね。

  • 「ママ、赤ちゃんきてくれるよ」と言ってくれるので その言葉を支えにして治療も頑張ろうって
    出典 :息子から赤ちゃんが欲しいと言われて・・・ すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    こどもは存在だけでも癒されたりしますが、会話が成り立ち、意見を言えるようになると、周りの人をちゃんと見て慰めたりできるようになりますよね。とりわけママに対しては。「どこか痛いの?いいこいいこ」と頭を撫でてくれたり、落ち込んでいるとおでこつけてきてハグしてくれたり。赤ちゃんが欲しいということも自分だけの主張でなく、ちゃんとママを思って言ってくれてるのだと思います。だからこそ涙ぐましく、二人目が欲しいと思うものです。

  • 「2人目不妊の場合、2~3歳ぐらいの幼児がいるケースが多いでしょうから、自宅の近くで、不妊専門のクリニックに通うのがいいと思います」
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
     

    不妊治療には経済面ももちろんですが、時間と日数もかなり要します。そのため、できるだけ自宅から近い専門病院で信頼できる先生のところに通えたら一番いいですね。

  •  

    二人目不妊こそ、心のゆとりと肉体的な強さと健康をしっかり保持して気持ちを楽にして一人目とともに待ちたいですね。
    一人目に期待させてはいけないと、黙っている方も多いと思います。でも、できる事なら一緒にいろいろ想像しながら楽しく待ちたいですね。そんな理想の二人目待ちができたら、へんなプレッシャーもなく、そんな家族のところにこうのとりが運んでくれるかもしれませんね。