女性ホルモンを増やす食事

view55

お気に入り お気に入り4

お気に入りに追加

  • 女性ホルモンの材料となるのはタンパク質とコレステロールです。

  •  

    ホルモンバランスを崩している人にはタンパク質をとっていない人が多く、太るのを気にして低コレステロールのものばかりを選んでいる人が多いので女性ホルモンの材料をきちんと体に入れることが大切です。

  • ストレスを感じたら、抗ストレス作用のあるビタミンCの摂取も大事です。

  •  

    ストレスを受けると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

  • タンパク質の主菜とビタミンCの補給源となる副菜を意識する食事をすることが女性ホルモンカを増やすことにつながります。
    出典 :女性ホルモンを整える
  • タンパク質&ビタミンDがたっぷりの「主菜」

  •  

    主菜になるお皿には女性ホルモンの材料となるタンパク質が豊富な肉、魚、卵を交互に。

  • ビタミンDたっぷりの鮭はお勧めです。タンパク質の主菜とビタミンCの補給源となる副菜をとることが女性ホルモン力を上げることにつながります。
    出典 :女性ホルモン
  • ビタミンCを補給する「副菜」

  •  

    副菜として野菜を添えてください。タンパク質のお皿にボリュームがあるのであっさりしたものを。
    野菜で作る副菜からはビタミンをとります。

  • ストレスを受けると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるのでストレスを感じたら抗ストレス作用のあるビタミンCの摂取も大事です。
    出典 :更年期と女性ホルモンの関係
  • お米を選んで量は控えめに「主食」

  •  

    主食はめんやパンなどの小麦製品よりお米がベターです。

  • きれば玄米や五穀米などを選び、量は控えめに。
    出典 :女性ホルモンのブログ - livedoor Blog(ブログ)
  • 冷えとり、イソフラボン補給する「スープ」

  •  

    水溶性のビタミンを余さずとり、体を温める汁ものを。豆腐のお味噌汁なら大豆イソフラボンも補給できます。

  • 大豆イソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれ女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をするといわれています。
    出典 :妊娠しやすい体重は?