妊娠後期に起こる貧血症状

妊娠後期に起こると言われる、貧血症状について紹介と解説をしていきます。

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 約半数近くが貧血を体験

  • 妊娠中期にはいると、約半分近くの人(40%)に貧血が見られます。
    出典 :妊婦さんと貧血
  • 赤血球が増えないのが原因

  • 赤血球は増えない

     

    妊娠を順調に持続させ、赤ちゃんに酸素を運ぶために、妊娠中は体内の血液の量が増えます。血液のかさは妊娠末期までに約1000ミリリットル増えるのに、赤血球はそれほど増加しません。

  • 血液の中でも、身体に酸素を運ぶ赤血球が不足することでの貧血が多く見られます。妊娠中、赤ちゃんへ栄養を送るために血液の量が増加しますが、赤血球自体はそれほど増えないので血液が薄められます。
    出典 :妊婦さんと貧血
  •  

    貧血になるとおなかの赤ちゃんへの影響と出産時の出血が心配。おなかの赤ちゃんは胎盤を通しておかあさんの血液から酸素や栄養を受け取って育ちます。ですから妊娠中のおかあさんが貧血だと、おなかの赤ちゃんも貧血になったり体の発育が悪くなることがあるのです。

  • 貧血による症状とは

  • ・体がだるく感じる。

  • ・寒気がある。

  • ・めまいがする。

  • ・息切れが多くなる。

  • ・冷え症になる。

  • そして、鉄分が少なくなってくると舌炎(舌の炎症)ができたりします。
    出典 :妊婦の貧血の症状について
  • その他にも

  • 妊娠中は血液の水分量が増えるので、貧血になる妊婦さんも少なくありません。「ちょっと体を動かしただけで心臓がドキドキする」「全身がいつもだるい」「朝なかなか起きられない」「疲れやすい」などの自覚症状があったら、貧血の可能性が考えられます。
    出典 :たかが貧血とあなどらないで! おなかの赤ちゃんやお産に影響します - gooベビー
  • 対処法は?

  • 貧血になったのが初期であれば食事療法で対処しますが、中期になっても治らないようであれば鉄剤を処方されるのが一般的。妊娠後期や出産まぎわで貧血の場合は鉄剤(内服)の処方だけでなく、点滴が行われることもあります。
    出典 :たかが貧血とあなどらないで! おなかの赤ちゃんやお産に影響します - gooベビー