将来育児に支障が出る事も!?「妊娠初期の肩こり」

「妊娠初期の肩こり」を放置していると将来の育児にも支障が出てしまうそうなのです!

view197

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の肩こりは放置厳禁!?

  • あまり神経質になりすぎるのもよくありませんが、妊娠中の肩こりは、できるだけ放置しない方がベター。肩こりがあるときは、姿勢を支える背骨とその筋肉バランスが乱れている可能性があるため、頭を支える頸椎への負担もあがり、腕を支える首の筋肉の疲労もおきやすくなるためです。
    出典 :妊娠中の肩こり対策・エクササイズ [肩こり] All About
     

    肩こりの対処がとても大切になってきそうですね

  • 慢性的に重い肩こりがあるアンバランスな状態で、産後に赤ちゃんを頻繁に抱き抱えたり、授乳したりを繰り返していると、肩甲骨周囲の筋肉が過剰に緊張し、腕が挙がりにくくなったり、腕、手のしびれ、冷えた感覚、腱鞘炎などに発展してしまうケースもあります。
    出典 :妊娠中の肩こり対策・エクササイズ [肩こり] All About
     

    産後の育児に大ダメージを与えてしまう事もあるようですね

  • 妊娠中に我慢しても

     

    産後の方がこまるというパターンも少なくはないのです!しかし、時間がとれないなどの理由で治療も出来なくなりがち・・・それなら妊娠中になんとかしておくべきなのです!無理はしないようにしたいですね

  • 肩こりに悩んでいる人は多い?

  • 肩こりに妊娠中なりましたか?

     

    質問の回答がグラフになっています!見えづらい場合はクリックすると拡大するので活用してくださいね!肩こりがひどくなったり、妊娠前からの肩こりが続いている場合が半数を占めているのが分かると思います

  • 何故起きてしまうの?

  • 妊娠中は、 様々な原因で肩こりがおこりやすくなります。妊娠初期は、ホルモンの影響で肩こりや首こりがひどくなりやすくなります。ひどくなれば頭痛を引き起こすこともあります。
    出典 :妊娠中の肩こり - 肩こり・腰痛物語
     

    やはりホルモンバランスが関係しているのですね・・・乱れやすい時期なのでしょう

  • 妊娠中のホルモンバランスに身体が慣れてきたら、 肩こりの症状もましになることが多いようです。妊娠中は、筋肉をゆ緩めるような薬は飲めません。どうしても、薬の服用をする場合は、主治医に相談の上で判断してください。 自己判断で、常備薬を飲んだりしないでくださいね。
    出典 :妊娠中の肩こり - 肩こり・腰痛物語
     

    痛いからといって、すぐに薬を飲むのはダメなのです!

  • 出来る対処をしよう

  • *ホットタオル(ゆるめに絞ったタオルを電子レンジで温めると簡単に作れます)で肩や首を温める*熱めのシャワーを勢いよく肩や首に当てる*携帯・パソコン・テレビをできるだけ見ない
    出典 :妊娠初期のトラブル~肩こり・首こり~ - 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~
     

    日常でも出来る事なので、取り入れてみるのもあり!

  • 小型のカイロを肩にはる。
    あまり長時間にならないようにしましょう。
    出典 :妊娠中の肩こり - 肩こり・腰痛物語
     

    低温やけどにご注意を

  • ①まずは、背後から肩の盛り上がったところをつまんでもらいます。②その状態のままで、頭を前後左右に3回ずつ倒します。 最後に、ぐるっと一周右回し左回しをします。③次に腕も回しましょう。 前回し3回、後方回し3回ずつです。
    出典 :妊娠中の肩こり - 肩こり・腰痛物語
     

    この肩つまみストレッチは普段のデスクワークが続いている人にもおすすめです

  • シップを使うのはちょっとまった!

  • 妊娠初期の湿布薬の使用は注意が必要です。特に、インドメタシン配合のものは胎児の心臓に影響がでるといわれています。そのため、自己判断で湿布薬を使わないほうがいいでしょう。かかりつけ医に相談して、妊娠中でも使える薬を処方してもらってもいいかもしれません。
    出典 :妊娠中の肩こり - 肩こり・腰痛物語
     

    早産の原因にもなるので、避けた方が良いとされているそうです!