高齢出産した時に見られる子供のダウン症の原因は一体何なんでしょうか?

【ダウン症の原因】は染色体の異常といわれています。
ダウン症は高齢出産する人の子供に出る確率が高くなっていますが、それはなぜなのでしょうか。
赤ちゃんがダウン症として生まれてくることは防げないのでしょうか。

view8949

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ダウン症」とはどんな病気?

  • 21番染色体が3本あることにより、精神発達の遅れ、特徴的な顔貌がんぼう、多発奇形を示す症候群です。日本では新生児1000人に1人の割合でみられます。母親の年齢が高くなるほど出生頻度も高くなり、近年の高齢出産の増加に伴い頻度は高くなりつつあります。
    出典 :ダウン症候群| 子どもの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • ダウン症の原因は何が考えられるの?

  • 最も奇形となるのが、葉酸不足である。葉酸が多く含まれるのは野菜だ。色のついた緑の野菜。
    これが不足している方は奇形をつくり出しやすい。
    また体内酵素がないと、DNAは修正されず、奇形となる。被曝でも同じである。
    出典 :上杉機関 二番館: 高齢出産でダウン症続出!! 対策方法とは?
     

    食生活も原因となっているようです。
    原因が判れば予防対策も立てられます。

  • ダウン症の本当の原因については謎のままであると言われています。それは現代の医学をもってしても謎なのだそうです。もちろんこれが原因なのではないか?というものはいくつもあるそうですが、結局細かなところまではわかっていないのが現状のようです。
    出典 :ダウン症の原因は? | 病弱が語る体調管理術
     

    ダウン症の原因が「染色体の異常」といわれてはいるのですが、ではなぜ「染色体の異常」が起きるのかについては不明のようです。

  • 「染色体」とは何?

  • 染色体とは一体なに?

     

    染色体は、生き物の形や特徴などの持っており、たった1つの核の中には、なんと2メートルものDNAが納められているそうです。

  • 染色体はその中に個人を形作るすべての遺伝学的情報を持っています。いわば身体のそれぞれの部品の設計図(遺伝学的情報)が集合したものが染色体です。部品の設計図にあたるのが遺伝子、設計図の文字に当たるのがDNA(デオキシリボ核酸)と言われる物質です。
    出典 :ダウン症とは
     

    自分たちではどうする事も出来ない事なので・・・

  • 高齢出産はなぜダウン症児出産の確率が高いのか

  •  

    老化した卵子は、正常に分裂が行われる能力が落ちるという事なのですね。

  • 卵子は、女性が胎児のときに一生分が作られます。ですから、卵子が卵巣の中にある期間が長くなるほど、遺伝を司る染色体やDNAにダメージが蓄積され、細胞分裂の力も低下してしまう。ダウン症をはじめ、生まれてくる胎児の先天的な異常や疾患は、この卵子の老化が原因のひとつになっています。
    出典 :大丈夫ですか?先天異常、ダウン症の可能性がこれだけ高まる 国民的大問題高齢出産のリスクを考える  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]
     

    高齢化すると「卵子も老化する」という厳しい現実があるのですね・・・

  • 最近行われるようになった「出生前診断」とは

  • 出生前診断の羊水検査

     

    出生前診断の羊水検査は、子宮に長い針をさして、そこから羊水をとり検査をするという方法です。

    羊水検査をすることによって、羊水から赤ちゃんの染色体を調べることができます。この染色体を調べることで、染色体に異常があるかどうかを知ることができるのです。染色体は全部で22本あり、大きいものから1番と番号がつけられています。例えば13番目の染色体が3本あると13トリソミー、21番目だと21トリソミーと呼ばれます。番号が小さい染色体に異常がある方が、障害が大きいと言われています。

    この羊水検査には、リスクが伴います。中でも、検査時の針によって破水をしてしまい赤ちゃんの命を危険にさらしてしまうというようなリスクが、1年間に200~300件に1件の割合で起こっており、その場合流産をしてしまう確率の方が高いようです。

  • クアトロテストと新型出生前診断の違い

     

    出生前診断のクアトロテストと新型出生前診断について、この2つの検査の違いをご紹介します。

    クアトロテストというのは、開放性神経管欠損症と2種類の染色体の異常を調べることができるもので、基準よりも上の場合は陽性、下であれば陰性という検査結果がでます。陽性の場合は羊水検査で確定診断をしなければいけません。

    新型出生前診断は3つの染色体の異常を調べることができる検査で、こちらも陽性・陰性という結果がでるのですが、クアトロテストよりも正確性が高いと言われています。ただ、陽性の場合はクアトロテストと同じように羊水検査で確定診断を行います。

  • 染色体異常の場合、赤ちゃんにどんな障害が出るの?

     

    羊水検査をして、染色体異常が見つかった場合、赤ちゃんはどのような障害があるの?と思われるのではないでしょうか。

    ダウン症の方の染色体は、21番目の染色体が3つあり21トリソミーと呼ばれています。羊水検査の染色体異常で21番目に異常があった場合はダウン症ということになります。

    また、13番目、18番目の染色体異常がある場合は、お腹の中で赤ちゃんが死んでしまったりすることが多く、出産できたとしてもその子の寿命が短い場合が多いようです。

    女の子の赤ちゃんのみにある染色体異常として、染色体が1本欠落していたりなかったりするものがあります。これは、ターナー症候群と呼ばれており、心臓に疾患があったり、身長が低かったりする障害があります。

    染色体に異常があった場合でも、障害という形で身体の表面に出てこないこともあります。よって、染色体異常だから必ず障害を持つとは言い切れません。このことも知っておくようにしましょう。