双極性障害のⅠ型について

双極性障害一型にはどんな症状があるのかを解説していきたいと思います。

view125

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 双極性障害とは?

  • 双極性障害 (bipolar disorder) は、躁状態 (躁病エピソード) とうつ状態 (大うつ病エピソード) の二つの病相 (エピソード) が交互に出現する精神疾患です
    出典 :双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害
  • DSM-Ⅳによる大うつ病性障害の診断基準

  • A.以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている。
    出典 :双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害
  • 1.その人自身の訴えか、家族などの他者の観察によって示される。ほぼ1日中の抑うつ気分。小児や青年ではいらだたしい気分もあり得る。

  • 2.ほとんど1日中またはほとんど毎日、すべての活動への興味・喜びの著しい減退が見られる。

  • 興味や喜びが感じられなくなったら、症状の疑いがある。

  • 3.食事療法をしていないのに著しい体重減少あるいは体重増加がある(例:1ヶ月で体重の5%以上の増減の変化)。

  •  

    体重が減少していると、症状の疑いあり。

  • 4.ほとんど毎日の不眠または睡眠過多。

  •  

    睡眠障害がある場合、症状の疑いあり

  • 5.ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止。

  • 6.ほとんど毎日の易疲労性または気力の減退。

  • 気力が減少したら、症状の疑いあり。

  • 7.ほとんど毎日の無価値感または過剰であるか不適切な罪責感。

  • 8.思考力や集中力の減退または決断困難がほぼ毎日のように認められる。

  • 日中に集中できなければ、症状の疑いあり。

  • 9.死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念虜(希死念慮)、自殺企図または自殺するためのはっきりとした計画。

  • 双極性障害(特に典型的な双極Ⅰ型障害)では、上記したような『躁病エピソード』が1週間以上にわたって続き、『異常な気分のハイテンション』の中でさまざまな不適応行動や他者とのトラブルが発生しやすくなってきます。
    出典 :双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害
  • ・躁状態が少なくとも「1週間に続く場合は双極性障害1型」
    出典 :双極性障害1型
  • Ⅰ型の症状について

  • 躁鬱病(双極性障害)の1型は、躁も鬱もはっきりとあらわれます。
    より典型的で、症状が重いのが特徴です。
    出典 :躁鬱病(双極性障害)のタイプ:1型
  • 1型では、躁状態のときの影響が大きくなります。他人への攻撃性が増し、そのためのトラブルでで仕事を失ったり、歯根など、深刻な損失をこうむるケースがあります。
    出典 :躁鬱病(双極性障害)のタイプ:1型
  • 躁鬱病(双極性障害)の1型と診断されるのは100人に1人弱です。
    出典 :躁鬱病(双極性障害)のタイプ:1型