夏は咽頭結膜熱(プール熱)に気をつけて!

プールの季節になると、幼稚園や学校で流行りだす夏風邪があります。それが咽頭結膜熱、別名「プール熱」と呼ばれるものです。

view216

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 咽頭結膜熱(プール熱)とは?

  • 夏風邪の一種です。感染力が非常に強く、ちょうど幼稚園や学校など、プールに入る機会の多い夏の時期に流行することから、この名前が付いています。
    出典 :子供の夏風邪、プール熱 [子供の病気] All About
  •  

    学校伝染病に指定されているので、感染した場合は登園・登校できません。

  • 原因は?

  • 原因はアデノウイルスというウイルスで、かかった子供の唾や鼻水、目やにや便などが感染源です。直接、唾や鼻水を吸い込んで感染することもありますし、他の子供が使ったタオルに目やにが付着して、そこから感染することも。
    出典 :子供の夏風邪、プール熱 [子供の病気] All About
     

    年間を通じて発生しますが、春~夏あたりが比較的多いようです。

  •  

    飛まつ感染や接触感染でうつります。

  • どんな症状がでる?

  • 潜伏期間は5〜7日で、まず高熱で発症し、その後、のどの症状(咽頭炎)と、眼の症状(結膜炎)の両方が現れます。発熱は4〜5日続きます。眼の症状は一般的には片方から始まりますが、多くの場合はもう一方にも広がります。また、頭痛や吐き気、腹痛や下痢が起こることもあります。
    出典 :咽頭結膜熱(プール熱)<子どもの病気> - goo ヘルスケア
     

    症状は1週間ほどで良くなり、合併症の心配もありません。

  • 治療方法は?

  • ウィルス感染が原因なので特効薬はない。対処療法を行う。高熱に対しては解熱剤を使用する。のどの痛みや頭痛には鎮痛剤(痛み止め)や抗炎症剤(炎症を抑える薬)、結膜炎に対しては点眼薬(炎症を抑えるステロイド剤入りの目薬)を使用する。
    出典 :プール熱(咽頭結膜熱)
  •  

    症状が治まっても菌は2週間ほど排出されていますので、その期間はプールに入れません。

  • 予防方法は?

  • ・普段からよく手を洗う
    ・プールの後よく目を洗い、シャワーで身体を洗う
    ・プールの後タオルを他の子供と共有しない
    ・規則正しい生活をして、風邪をひかないようにする
    出典 :2/2 子供の夏風邪、プール熱 [子供の病気] All About
  • プール熱は子どもの病気と思われがちですが、もちろん大人にもうつります。子供がかかったときには、タオルを別々にしたり、食器を煮沸消毒したりして、大人にうつらないように気をつけましょう。