しっかりと行おう「起立性低血圧の改善」まとめ

起立性低血圧の改善をしっかりと行っておきましょう。出来る事からこつこつとですよ

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体を動かそう

  • 下半身に溜まった血液は、筋肉が収縮する力で心臓に送り戻されます。下半身の筋肉はポンプのような働きをするのですが、これらの筋力が低下すると、ポンプの力は弱まり、血液を送り戻すパワーも低下すると考えられています。つまり、筋力の低下は低血圧へ悪影響を及ぼすということになります。
    出典 :からだを動かすことが大切|改善方法|低血圧 Support Group
     

    下肢筋力を鍛える必要がありますね

  • からだを動かし、下半身の筋力アップをすることは、低血圧の改善によい効果が期待できます。 病気などで長い間ベッドから起き上がれない生活をしている人では、自律神経反射と共に、下半身の筋肉によるポンプ作用の機能低下も生じるため、起立性低血圧を起こしがちになります。
    出典 :からだを動かすことが大切|改善方法|低血圧 Support Group
     

    突然動き出すのは良くない事ですね

  • 生活で改善点を見つけ出そう

  • 薬を用いなくても、生活を改善することで、低血圧を改善することは出来ます。十分な睡眠、適度な運動、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。人混みや猛暑の時に、低血圧の症状が出現したり悪化したりする人も多く、このような状態を避けるようにすることも、ひとつの改善点といえます。
    出典 :起立性低血圧 改善法|うさ★ぶろ うさぎ三昧
  • 大量の水を摂る

     

    これも改善に役立ちます。またアルコールは少なめにしておくとよいでしょう。血流が悪くなり悪化する危険性があるため、たしなむ程度が一番良いのです

  • タイツを履く

  • 強めのタイツをはき、下肢の血管や筋肉を締め付ける。これにより下半身への過剰な血液の供給を防止します。結果的に起立時の脳や上半身への血流が増します。
    出典 :起立性低血圧・立ちくらみ(京都 心療内科)
     

    下肢筋力アップと一緒におこないたいですね

  • 食事による改善も図ろう

  • 朝食はきちんととる。
    出典 :起立性低血圧 改善法|うさ★ぶろ うさぎ三昧
     

    簡単な事ですが、以外にも重要なポイントです

  • 食事を多くとり、体重を増やす。体重増加は血圧全般を高くさせ、その結果脳の血圧を高めに変化させます。
    出典 :起立性低血圧・立ちくらみ(京都 心療内科)
     

    ここも大事なポイントですね

  • 規則正しい生活をする

  • 生活が

     

    逆転していませんか?夜型生活を送っていると低血圧もひどくなる一方なのです。しっかりとした睡眠をとる事も治療や改善には大事な事と考えて生活を変えてみましょう

  • 精神に作用する薬や高血圧・心臓病の薬の副作用で起立性低血圧(立ちくらみ)が生じることがあります。その場合は、薬の副作用について主治医から説明を受けてください。
    出典 :起立性低血圧・立ちくらみ(京都 心療内科)
     

    薬の作用がある場合は医師へ相談を

  • 低血圧のため起床時のだるさを感じる場合には、足を少し高くして寝る姿勢がすすめられます。
    出典 :起立性低血圧・立ちくらみ(京都 心療内科)
     

    足元から血流を送る為です。便利ですよ