気づかないうちにストレスが!!?プチ鬱診断でチェックしよう

気づかないうちにストレス溜まっていませんか?気づかぬストレスが原因で、プチ鬱(軽度の鬱)になる人が増加中だそう。あなたも気づかぬうちに”プチ鬱”になってるかも~ まずはストレスレベルをチェック!

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • プチ鬱とは?

  • そもそもうつ病とは、慢性的に抑うつ気分が続く病気のことです。大うつ病ともいわれ、「ほとんど1日中、ほとんど毎日2週間以上続く抑うつ気分」という状態が医学的な診断条件となっています。
    出典 :プチうつ病の症状&対策読本
  • プチうつ病は抑うつ状態が毎日ずっと続くわけでなく、1日のうちのある時間帯、たとえば夕方から夜にかけてだけであるとか、週に1~2日だけであるとか、一定の時間だけ不安になるというものです。この状態が本格的に発展すると、いわゆる非定型うつ病と呼ばれるやっかいな病気になるのです。
    出典 :プチうつ病の症状&対策読本
  • プチ鬱の特徴

  • <プチ鬱の精神的特徴>
    ・一定の時間だけ不安定な精神状態になる
    ・気分の浮き沈みが激しい
    ・怒った後に、強い自己嫌悪に陥る

    <プチ鬱の身体的特徴>
    ・過食症
    ・過眠
    ・全身の倦怠感

  • ■プチ鬱の精神的特徴

  • 気分の浮沈みが激しくなることが挙げられます。楽しいできごとに反応して気分が明るくなるのなら良いのですが、気分が落ち込むことの方が多く、突然わけもなく涙がぽろぽろ出たり、寂しくなったり、自己嫌悪に陥ったり、他人がうらやましくなったりもします。これを気分反応性というのですが、感情の起伏が激しくなるのです。
    出典 :プチうつ病の症状&対策読本
  • 他人の言葉に過剰反応してしまうこともあります。たとえば、職場の人などに「今日、~を間違えたよね」などと軽く指摘されるだけで、はっきりと拒絶されたわけでなくても、ひどく落ち込んでしまったりするのです。これを拒絶過敏性といい、落ち込んだり、怒ったり、引きこもったりなどの社会的障害を引き起こすきっかけとなります。
    出典 :プチうつ病の症状&対策読本
  • ■プチ鬱の身体的特徴

  • 一つ目は、過食です。夜になると甘いものが欲しくなる人が多く、1ヵ月に2~3キロ太ってしまう人も少なくありません。そして、太ったことに対しても落ち込んでしまい、悪循環に陥ります。
    出典 :プチうつ病の症状&対策読本
  • 二つ目は、過眠です。医学的には「昼寝も含めて1日10時間以上の睡眠を週に3日以上とる場合」を指しますが、どれだけ寝てもまだ眠い状態が続き、気分が憂うつになっていきます。
    出典 :プチうつ病の症状&対策読本
  • 鉛様麻痺が挙げられます。手足に鉛を付けたように体が重くなり、全身が倦怠感に包まれるのです。
    出典 :プチうつ病の症状&対策読本
  • 【注意!!】プチ鬱になっているかは気づきずらい!

  • 本人も気づきずらい”プチ鬱”
    軽度の鬱だから大丈夫と、甘くみていると重度の鬱につながることも・・・

  • プチ鬱レベルをチェックしてみよう!プチ鬱診断ができるサイト

  • プチ鬱だった人は、こちらを試してみて プチ鬱改善方法!

  • ■嫌なことは避ける

  • 休息中でも自分の嫌なことをすると、脳細胞が興奮して休息できません。
    <不快な状況を避ける。嫌な人とは会わず、嫌な作業を避ける。とにかく、「好きでないことはしない」というくらいわがままで良い>

    「嫌われたくないから」と嫌なことに付き合う人が多いですが、余計回復を遅らせるだけ。1番の目的を思い出しましょう。
    出典 :寝るだけじゃ治らない!「プチうつ」を回復させる休息法6つ - エキサイトニュース(1/3)
  • ■休息期間である”ことを忘れない

  • やる気の出ない時でも、いつも通りに頑張ろうとする人が多いですよね。結局いつも通りにいかず、「やっぱり自分はダメ人間だ」とさらに落ち込むことも少なくありません。実は落ち込むことも、休息には悪影響なんです。
    <休養期間であることを決して忘れないこと。普段より能力が落ちて当たり前。回復速度が消耗速度を上回るように気をつけること>

    この期間には現状維持でも負担です。回復優先で物事を判断しましょう。
    出典 :寝るだけじゃ治らない!「プチうつ」を回復させる休息法6つ - エキサイトニュース(1/3)
  • ■焦らないこと

  • 特に5月病になりやすい入社や転職をした人は、「早く元に戻って結果を出そう」と焦ります。
    しかしかえってこれが逆効果に。
    <回復期間はそれまでに受けた脳の損傷に比例する。焦りそのものがストレスホルモンを出させ、再び脳を損傷させてしまう。あなたの脳は必ず治るが、治ろうとして焦ると治りが遅くなる>

    早めに割り切って、焦る時間を休息に費やしましょう。
    出典 :寝るだけじゃ治らない!「プチうつ」を回復させる休息法6つ - エキサイトニュース(2/3)
  • ■好きな事をして気分転換をする

  • 仕事ばかりの毎日を過ごしていませんか?美容院に行って思い切ってヘアアレンジを楽しんだり、髪をカットする等して気分を変えてみましょう。
    また買い物が好きな方は新しい洋服や靴を買う事もお勧めです。おいしい食べ物を食べる事にも効果があります。普段行かないようなちょっとお高めなお店に行ってみたり、評判のお店に行ってみたり、普段とは少し違う生活を心掛けましょう。お店の明るい照明や雰囲気が気分転換になりますので、外に出てみましょう。
    またカラオケなど、大声を出したり歌ったりする音楽療法も効果があります。

    思いっきり感情を発散させる方法を見つけることがポイントです。
    出典 :プチ鬱症状チェック!この診断を試してみて! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】
  • ■自然と触れ合う

  • 自然と触れ合う事も大事な事です。日光を浴びる事で脳にとてもいい影響を与えます。
    いつも都会のビルの中で過ごしている人等には特にお勧めです。
    近くの公園や川や海でも自然と触れ合う事は出来ますので、是非お試しください。
    出典 :プチ鬱症状チェック!この診断を試してみて! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】
  • ■本音を話せる人と会話をする

  • 家族や親しい友達、本音で話せる人と何の話でもいいので会話をしましょう。

    会社と家の往復ばかりで、ストレスが溜まっていたり、感情を忘れていませんか?

    たわいのない話や昔の思い出話、どんなお話でも構いません。



    笑う事だけでなく、怒ったり、悲しんだり、また懐かしいと思ったりする事にとても効果があります。喜怒哀楽を意識しましょう。
    出典 :プチ鬱症状チェック!この診断を試してみて! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】
  • まずは気分転換からはじめてみましょう!