こんな時には要注意? くも膜下出血の前兆

くも膜下出血の場合、発作を起こした約半数の人がなんらかの前ぶれ症状を経験しています。

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クモ膜下出血は誰でもなりうる病気ですが、特に中年から高齢になると注意したい病気です。
    もっとも多い症状が激しい頭痛で、発作の1~3週間前に起こるという特徴があります。

  •  

    激しい頭痛には注意。

  • くも膜下出血の前兆はどんなものか

  • くも膜下出血の多くは、脳の動脈瘤が破裂することによって起こりますが、
    破裂する前の動脈瘤は「未破裂動脈瘤」といいます。

  • ここから小さな出血が起こると、今までに経験したことのないような激しい頭痛が起こります。
    この出血は「警告出血」と呼ばれています。
    出典 :くも膜下出血の前兆/前ぶれ
  • 「金属バットやハンマーでおもいっきり殴られたような痛み」と表現される位、激しい頭痛です。

  •  

    その痛みは危険かも?

  • 頭の後ろから突然バットで殴られたような痛み…
    くも膜下出血が起きたときの頭痛は、そのように表現されることが多いものです。
    出典 :くも膜下出血前に起こる頭痛
     

    体験したことのないような衝撃の強い頭痛に襲われるのがくも膜下出血時の頭痛の特徴です。

  • 頭痛の発作が続くと夜も眠れないほどに心身を消耗させてしまい、
    失神・昏睡に繋がるケースも見られます。

  • 痛みがだんだんひどくなる
    頭痛が続いて、しかも痛みが激しくなると要注意です。朝方に、後頭部に痛みを感じているケースが多いようです。
    出典 :くも膜下出血の前兆/前ぶれ
  • まず視覚に異常が生じる場合があります。
    視野が暗くなったり、片方の目が見づらくなったり、といった症状です。
    これはくも膜下腔を走る動脈の膨張によって脳の視神経が圧迫されるためです。
    出典 :くも膜下出血の前兆
  • 脳神経が圧迫されることによって起こるもので、一時的もしくは継続的な発作として起こります。

  • くも膜下出血の前兆としては「視覚の異常」から「激しい頭痛」の順番で起こります。
    出典 :【前兆】くも膜下出血発症の前に起こるサイン | 知ってる?SAH
  • 未破裂動脈瘤がある場合の症状

  • 脳動脈瘤は破裂しない限り殆どの例で症状はありません。
    ただし脳動脈瘤が大きくなると、周りの組織を圧迫して症状を出す場合があります
    出典 :未破裂脳動脈瘤
     

    破裂する前触れとして動眼神経を圧迫するので視覚障害が出るみたいです。

  • 頭痛はありふれた身体の不調の一つといえますが、
    そのためにくも膜下出血を見逃してしまったケースは少なくないのです。
    出典 :【前兆】くも膜下出血発症の前に起こるサイン | 知ってる?SAH
     

    くも膜下出血は生存率が高くない病気なので、より一層の注意が必要なのです。