自律神経失調症の治療法って一体どんなものがあるの??病院に行かないでも治せるって本当???

自律神経失調症の治療法って一体どんなものがあるの???
病院に行かなくでも改善できるって本当???
気になる自律神経失調症に関する情報をまとめてみました!!!

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自律神経失調症の治療法って一体どんなものがあるの???

  • 薬物療法などを中心にした治療法があるようです!!!

     

    医師と相談して治療の方法を決めましょう!!!

  • ●薬物療法
    ●一般心理療法……心の中の混乱を、言葉や態度で整理、解決する。
    ●自律訓練法……一種の自己暗示をかけることで、心身の安定をはかる。
    ●バイオフィードバック療法……刺激に対する体の反応を示し、自分の緊張状態を自覚してもらい、リラックスする訓練を行う。
    ●森田療法……あるがままに状況を受け入れ、心の安定をはかる。
    出典 :自律神経失調症 | 自律神経失調症の治療法は? : 治療・症状 - セルフドクターネット
  • どんな薬を使って治療を行うの???

     

    時には漢方薬などを使用する場合もあるようです!!!

  • ●自律神経調製剤……自律神経の中枢に直接作用して、安定をはかる薬。原因に精神面が関与しない場合に効果的。副作用が少なく、長期間、使用できる。
    ●精神安定剤(抗不安剤)……自律神経の緊張を緩和させ、不安や緊張を和らげる薬。副作用は眠気やめまい、脱力感など。
    ●ビタミン剤……自律神経のバランスを整えるビタミンA、B群、C、Eを処方する。他の薬との併用が基本。
    ●ホルモン剤……更年期の女性や卵巣を摘出して、ホルモンバランスが崩れた女性に、女性ホルモンを補充する
    ●黄連(おうれん)……精神の不安を抑え、胸のつかえや下痢などにも効果がある。
    ●抑肝散(よくかんさん)……イライラ、神経の高ぶり、不眠症などを抑える。
    ●芍薬(しゃくやく)……神経の緊張を和らげ、高まった血圧や筋肉の興奮を抑制。
    ●その他……抗うつ剤、睡眠誘導剤など。 一方、市販の漢方薬には、次のような薬が有効です。
    出典 :自律神経失調症 | どんな薬が効くの? : 治療・症状 - セルフドクターネット
  • 生活習慣の改善などをしてみるのもおすすめです!!!

  • 自然を感じて生活をしてみる!!!

     

    ストレス社会から少し離れてみるのもおすすめです!!!
    自然から貰う力はとても良いようです!!

  • 都会の喧騒の中で生活をしていると、いつの間にか身体全体のリズムが乱れてしまい、動悸やめまい・頭痛・肩こり等々の症状が現れ…結果的に、自律神経失調症を発症してしまう可能性が増えるといわれています。
    逆に自律神経失調症を発症した人が公園や森林といった自然環境の中で過ごし続けると、自然とそうした心身障害が改善されるといいます。
    出典 :自然が自律神経失調症を改善する-自律神経失調症 NAVI
     

    少し仕事を休んでみるのも良いのではないでしょうか???

  • ライフスタイルを見直してみましょう!!!

     

    自分の生活の中にある病気の原因を見つけてみましょう!!!

  • ・ 自己管理によるライフスタイルの見直し
    生活のリズム、食事、睡眠、運動、心にゆとりを持つ、ストレス耐性の強化、感情処理・・・など
    出典 :自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
  • 食生活を改善してみましょう!!!

     

    食生活の改善なども効果があるようです!!!
    是非試してみましょう!!!

  • ビタミンB群は神経の働きを正常に保つ働きがありますが、強いストレスが続くと急激に消費されます。また、ストレスが加わると、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを分泌して全身の抵抗力を高めます。この合成に欠かせないのがビタミンCですから、普段からビタミンCをたっぷり摂ることが、ストレス対策になります。ビタミンAやEも、自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果 があります。 また、カルシウムはイライラを鎮め、不眠解消の効果があります。
    出典 :自律神経失調症 | 症状を和らげる食事は? : 治療・症状 - セルフドクターネット
  • 春は自律神経失調症が多い季節です!!!注意しましょう!!!

  • 春にだるさを感じる人は多いのではないでしょうか???

     

    春は妙な体調不良に悩まされる人…つまり自律神経失調症を発症する人が、非常に多い季節なのです。

  • 「新しい環境に身を投じる」→「大いなる不安感」…そして、それに伴う緊張感や高揚感を生じることを意味します。
    そうした緊張感が自律神経のバランスを崩し、結果として自律神経失調症を発症することになるわけです。
    出典 :春に多い自律神経失調症の何故-自律神経失調症 NAVI
  • どちらにせよ春に自律神経失調症を発症しないようにするためには、何といっても「毎日の生活にリズムをつける」ことが重要です。
    きちんと朝起床する時間を決めて、しっかり朝昼晩と食べることによって生活にリズムをつけることが自律神経失調症を防ぎます。
    出典 :春に多い自律神経失調症の何故-自律神経失調症 NAVI
     

    春こそ生活改善をしっかりと行うようにしましょう!!!