美しい歯を手に入れたい!でも痛いの!?歯科矯正の痛み

セレブスターのような美しい歯並びは魅力ですが、歯科矯正の痛みってどのくらいなのでしょう??痛みについて知っておいたほうがいい4つの痛み。

view71

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯並びをきれいにする方法の代表的な治療方法として、歯を動かしてかみ合わせを改善する歯列矯正があります。このほか、患者様の希望によって、クラウンやラミネートベニア法といった人工の歯で、歯を修復して歯並びを改善する「補綴矯正[ほてつきょうせい]」があります。
    出典 :歯並びをきれいにする方法 (歯列矯正、補綴矯正、セラミック矯正) - 矯正歯科ネット治療説明
  • 歯に矯正力が加わると片側の歯根膜は伸び、反対側の歯根膜は圧縮されます。そうすると歯槽骨の表面に変化が起きます。 伸びた歯根膜の先の歯槽骨面上では骨芽細胞と呼ばれる骨の元になる細胞が現れ、 歯槽骨を新しく造っていきます。 圧縮された歯根膜の歯槽骨面上では破骨細胞と呼ばれる骨を溶かす細胞が現れ 歯槽骨を吸収していきます。
    出典 :歯列矯正の仕組み 歯が動くときの歯周組織の変化について - 矯正歯科ネット治療説明
  • 歯列矯正の仕組み

  • なぜ矯正で痛むのか?

  • 歯科矯正は、矯正と名がついている通り矯正です。本来あるべき場所に歯を移動させるので痛みを伴います。簡単に説明すると歯の周りの骨が動かされることによっての痛みなので虫歯による痛みとは異なります。矯正装置をつけてから4時間後くらいから徐々に痛みが出始めます。
    出典 :歯科矯正の痛みについて知っておきたい4項目
  • 1、何もしていないのに痛い

  • 個人差はありますが、矯正装置を入れると2、3日歯は浮いたようになり、食事で物を噛むと痛みを感じます。それは歯が動いている証拠であり心配ありません。4、5日で痛みはなくなります。現在のところ痛みのない矯正治療はありません。どうしても痛い場合は痛み止め等で対処します。
    出典 :矯正治療を受ける方が是非知っていた方が良い事
     

    矯正は一度はじめたら、痛くても途中でやめることは出来ません。

  • 2、物をかむと痛い

  • この痛みが1番厄介かもしれません。装置をつけて4時間ごろから徐々に感じます。装置をつけて1週間あたりにピークを迎えて徐々に落ち着きますが、矯正が終了するまで続きます。ピークの時はご飯を噛むことさえ痛いです。噛み切ることができなくなります。2週間を過ぎたころから徐々に痛みがなくなり普通の食事が出来るようになります。
    出典 :歯科矯正の痛みについて知っておきたい4項目
  • 3、装置が当たって痛い

  • 飛び出したワイヤーが痛い

  • 矯正用ワックス

  • カバーしたいブラケット(またはワイヤー)に、ワックスを軽く押し付けます。ブラケットの凹凸にワックスが入り込むようにゆっくり押して、そっと指から離します。
    出典 :歯列矯正用ワックスの使い方(痛みの緩和、装置破損の応急処置など) - 矯正歯科ネット治療説明
  • 歯科医に相談するのもよいですが、ネットでワックスの詳しい使い方が検索できるので、わからない人は探してみてください。

  • 4、口の中を噛んで痛い

  • 矯正を始めると、どんどん歯が動いてきます。本来噛んでいた場所から正しい位置に移動しているので噛み合わせが安定しないうちは、ほっぺたを噛んでしまうことがしばしばあります。
    出典 :歯科矯正の痛みについて知っておきたい4項目
  • 矯正で歯が痛いときの対処法

  • 氷嚢で皮ふの上から冷やしたり、氷をお口のなかで転がして冷やしたりすると、痛みはやわらぎます。もし、どうしても我慢できないときは、市販の痛み止めを飲んでもかまいません。また、痛みがあるときは、やわらかいものを食べてください。
    出典 :矯正治療中のトラブル対処法|神奈川県相模原市 星歯科矯正
  • トランペットなど吹奏楽器を演奏している方はブラケットやワイヤーが唇の裏に当たって慣れるまで時間がかかることが多いです。このような場合は、適当な長さに切った透明なプラスチックの細長い板(リップガード)をワイヤーにあてがうことで矯正治療を続行することが出来ます。
    出典 :矯正治療中の痛みへの対処法
  • 今の時代、矯正器具も目立たなく、患者にも優しい作りになっています。それでももし、痛みを感じるようなことがあったら、ストレスに感じますので、時間のかかる矯正は医師と相談し、痛みが出たら早く対処法を教えてもらえるようにしましょう。何でも気軽に聞ける医師選びも大事ですね。