妊娠初期の寝方について

シムス位。NGな姿勢。左向きが良いとされる理由。正しい寝方と姿勢。

  • S 更新日:2014/04/07

view1139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の安楽な寝方!「シムス位」

  • 「シムス位」の図

  • 妊娠中の安楽な寝方として「シムス位」が必ず紹介されています。シムス位とは「うつ伏せに寝て片足を曲げる姿勢」または「体の左右どちらかを下にして横になって、上になった方の足を軽く曲げて前に出して寝る姿勢」です。陣痛時、母体がリラックスして体力の消耗を防ぐ姿勢とも言われています。
    出典 :妊娠中の寝方についてです。 左側を下にして寝るといいみたいですが、自分自身が苦... - Yahoo!知恵袋
  • 【第 1 位】 抱き枕 | 王様の抱き枕 標準サイズ(中身+抱き枕カバー)【送料無料】【抱きまくら/だきまくら/妊婦/マタニティ/授乳クッション/シムス体位/肩こり/安 8800 円 http://t.co/huVmDhIbSd http://t.co/J57TI99nny
     

    第一位だそうです!

  • でも実際は、妊娠中後期のお腹の大きな時は、うつ伏せのシムス位はとりにくく、左右の側臥位に制限されてしまい、胸や肩が苦しくて、なかなか楽には寝られません。 また腹臥位姿勢はお腹の中の大血管を圧迫し、妊娠中毒症に繋がる最も危険な姿勢です。
    出典 :妊娠中の寝方についてです。 左側を下にして寝るといいみたいですが、自分自身が苦... - Yahoo!知恵袋
     

    こういうこともあるようです。

  • しかし、大血管の圧迫を取り除くために、マットにお腹を収める穴をあけたベッドを考え、腹臥位を採ると、腰痛が楽になったり、胎動が強くなったり、下肢に流れる血液の量が増えたりなど、よい結果が認められたという産婦人科教授の報告もあります。
    出典 :妊娠中の寝方についてです。 左側を下にして寝るといいみたいですが、自分自身が苦... - Yahoo!知恵袋
     

    結局のところ、良い結果もあれば、その逆もしかりという事でした。

  • うつ伏せはNGですが、自分が楽だなと思える体勢が一番です。

  • うつぶせ

     

    言うまでもありませんが、こんな状態で寝たらお腹がどうなるか・・・想像はつくと思います。妊婦さんにとっては、明らかに最悪な寝方です。

  • 妊娠中は左向きに寝ないといけないかどうか。

  • まず、左に向いて寝続けるというのは、困難です。おなかが大きくなってくれば、寝返りで目が覚めるということもあるでしょうが。妊娠初期から中期にかけて、左向きに寝ていたとしても知らない間に仰向けになっていたり、右向きになっていたりするはずです。ですから、楽なように寝てください。臨月まで仰向けが一番楽という方もいます。
    出典 :妊娠中は左向きに寝ないといけないのか|助産師uticoからプレママ&ママへのメッセージ
     

    やはり「楽な向き」が一番という事ですね!

  • 陣痛が始まっても、仰向けに寝ている方もいます。それはそれで問題はありません。ですが、左向きに寝たほうがいいと言われる根拠もあるんです。子宮の後ろには、太い血管が走っています。腹部大動脈・下大静脈と言われる血管です。仰向けで寝ることで、その血管が子宮で圧迫されることがあります。
    出典 :妊娠中は左向きに寝ないといけないのか|助産師uticoからプレママ&ママへのメッセージ
     

    左向きの方が良いと噂される理由は、ここにあるようです。

  • 圧迫されると血のめぐりが悪くなり、血圧が下がったり苦しくなったりすることがあります。そこで、血管を圧迫させないために、横向きで寝たほうが良いという場合もあります。さらに、右向きではなく左向きと言われる根拠としては、動脈と静脈は左右に並んでいて、大動脈が左、大静脈が右にあります。
    出典 :妊娠中は左向きに寝ないといけないのか|助産師uticoからプレママ&ママへのメッセージ
  • 血管の構造として、静脈のほうが圧迫されやすく、大静脈が圧迫されると、心臓に戻る血液が少なくなります。心臓に戻った血液が、肺に流れて酸素と二酸化炭素の交換を行います。ですから、大静脈が圧迫されないように、左向きというわけです。
    出典 :妊娠中は左向きに寝ないといけないのか|助産師uticoからプレママ&ママへのメッセージ
     

    仰向けがきついと感じる場合は、左向きに寝れば、血液のめぐりが良くなって快適になる方もいるとの事です。

  • 妊娠中の正しい寝方・寝る姿勢

  • 普段は6時間睡眠でも十分疲れが取れる人であっても、妊娠中には最低8時間は寝るようにしておきましょう。通常時よりも1~2時間程度多めに設定することがコツです。可能であれば、昼間にも1時間ほど睡眠をとるようにしましょう。お腹が大きくなってくる妊娠初期までは、仰向けで寝て、足を少し高くして腹部を緩めるようにしましょう。
    出典 :妊娠>妊娠中の正しい寝方・寝る姿勢
  • おなかが大きくなってきたら、仰向けは避けて、横向きなどで寝るようにしましょう。妊娠後期の妊婦が仰向けになってしまいますと、様々なショック状態になってしまうことがあります。大きくなった子宮が血管を打制でしまい、心拍数などが低下してしまうのです。妊婦の方は、寝る姿勢にも注意しなければなりません。
    出典 :妊娠>妊娠中の正しい寝方・寝る姿勢