子宮内反の手術について

赤ちゃんを分娩した直後に起こる子宮の異常です。何らかの原因で子宮が裏返ります。
対処法や予防法についてまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/02/20

view344

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮内反とはどんな病気?

  •  

    少しでも兆候があればすぐに診断を

  • 子宮内反症とは、子宮体が内方に反転して頚管内に下降したり腟内あるいは腟外に脱出し、子宮内膜面が外方に内転した状態をいう。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 子宮内反症
     

    怖い病気ですね。でも正しい知識をもっておくことが大事です。

  •  

    正しい知識を持って適正な処置をするべきですね。

  • 子宮がひっくり返る!という状況を思うだけで恐ろしい状態を
    感じます。なぜこんなことが起きるのでしょうか。

  • <子宮圧痕もしくは子宮陥凹>
    子宮の底が少しだけ凹んだ状態。
    <不全子宮内反症>
    出てきた子宮体部が子宮頸部でとどまっているもの。
    <完全子宮内反症>
    ない側が子宮が膣まで出てきたもの。
    出典 :子宮がひっくり返る!?子宮内反症 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    診断や処置が遅れることで母体に危険が迫ります。

  • 子宮内反の原因とは?

  •  

    少しでも早い処置が必要な症状です。

  • 主に臍帯(さいたい)の牽引(けんいん)、胎盤用手剥離(たいばんようしゅはくり)などにより分娩第三期に起こり、8000〜1万回の分娩に1例くらいの頻度でみられます。癒着胎盤(ゆちゃくたいばん)、過短臍帯(かたんさいたい)、臍帯巻絡(さいたいけんらく)、多胎分娩(たたいぶんべん)、巨大児分娩、羊水過多、多産婦、子宮奇形、前置胎盤(ぜんちたいばん)、低位胎盤、子宮筋無力、頸管弛緩(けいかんしかん)などがあります。非産褥性(ひさんじょくせい)としては腫瘍(粘膜下筋腫)の牽引によるものがあります
    出典 :子宮内反症 - goo ヘルスケア
     

    何とか予防したいお産のトラブルなのです。

  • 子宮内反の症状と治療について

  • 全身症状
    ショック症状

    局所症状
    腹膜の牽引→腹部の激痛→神経性ショック
    内反子宮のうっ血・胎盤剥離面からの出血→大出血→出血性ショック
    急性期を過ぎれば内反面に潰瘍、壊疽を生じやすく、敗血症性感染も生じることがあります。
    出典 :子宮内反症 | 分娩時に起こる異常
     

    症状はいずれも厳しいものです。必ず専門医の元で正しく診断処置を急ぎましょう。

  • ①多量出血を伴うため、出血に対する治療と内反した子宮の征服を並行して行われます。
    ②子宮の整復には、用手的整復と手術的整復があり、必要に応じて子宮収縮抑制薬が投与されます。
    ③整復は、子宮収縮促進のため子宮収縮促進薬が投与されます。
    出典 :子宮内反症 | 分娩時に起こる異常
     

    治療すれば克服できる場合もあります。