大人の発達性協調運動障害が増えている原因とは?

ここ最近、大人の発達性協調運動障害が増加傾向にあると言われています。
なぜ増加しているのか、その原因をまとめました。

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大人の発達障害が増えている

  • 大人の「発達障害」の増加が問題となっています。
    発達障害は脳の発達に問題を持つ障害で、患者は俗に言う「空気が読めない」ためにコミュニケーションがうまくできない人が多く、人間関係が苦手です。
    出典 :Mental Gym
     

    大人になってから、何らかの発達障害に気付く人は少なくありません。

  • さらに、時間に遅れたり、人の話を聞き逃したり、仕事のミスが多いなどといった症状の場合もあり、社会生活に支障を生じがちです。
    出典 :Mental Gym
     

    大人の発達障害の場合、仕事や人間関係がうまくいかないという悩みを抱えていることが多いようです。

  • 発達性強調運動障害=運動発達の遅れ。不器用。ボールを上手くキャッチできない、自転車に乗れないなど。
    出典 :大人の発達障害について
     

    発達性協調運動障害も、発達障害の1つです。

  •  

    仕事の整理ができなかったり、デスクが片づけられないことも症状の1つとして考えられます。

  • 大人の発達性協調運動障害の原因は?

  • ・ミラーニューロン(相手の行動、考えを理解し共感する神経)の活性化が低い
    ・オキシトシン(社会性、協調性、信頼性に係わる体内物質)のバランス不全
    ・前頭葉44野が小さい(この部分が小さいと社会性に影響があると言われる)
    出典 :大人の発達障害について
     

    このような脳の異常は、発達性協調運動障害の原因とされています。
    これらは、大人の発達性協調運動障害だけでなく、子供の場合も原因として挙げられます。

  • 本来であれば、学童期に発見され、早い段階でそれぞれのケアが必要なのです。
    それが見過ごされ、大人になって症状が顕在化した状態が『大人の発達障害』です。
    出典 :上司は知っておこう、「大人の発達障害」|販売促進のネタ【中小企業・店舗の宣伝広告を考える】|中小企業・店舗の宣伝広告を考える
     

    大人の発達性協調運動障害の場合、子供の頃にも何らかの病気のサインがあったはずです。
    しかし、これらが見過ごされることにより大人になってから悩みを抱えてしまうのです。

  • 発達障害という障害自体もこれまでは子ども特有のものとされてきたため、自分が発達障害であるということに気づかない大人も多くいたのです。
    出典 :Mental Gym
  • しかし、そんな大人たちがうつ病などをきっかけに発達障害であると診断されるケースが近年増加傾向にあり、大人の発達障害がクローズアップされ始めているのです。
    出典 :Mental Gym
     

    大人の発達性協調運動障害に気付く主な原因は「うつ病」です。

  •  

    現代ではうつ病患者が増えていることから、この大人の発達性協調運動障害も増加しているのです。

  • 生育歴の影響―家庭での愛情・躾不足や虐待、過保護、放任、ネグレクト、トラウマ体験など。
    出典 :大人の発達障害について
     

    大人の発達性協調運動障害の原因として、このようなことも考えられます。

  •  

    元々子供の頃から発達性協調運動障害があり、このような経験で悪化するケースも珍しくありません。
    発達性協調運動障害は、家族の理解が必要不可欠な病気なのです。

  • 発達性協調運動障害かも?

  • 実はこの『大人の発達障害』とは障害ではなく、特別視するものではありません。
    特に、知的障害と混同されがちですが、これもちょっと異なります。
    『大人の発達障害』は、知能が低い障害ではなく、主に“性格特性”であることがほとんどです。
    出典 :上司は知っておこう、「大人の発達障害」 | 販売促進のネタ【中小企業・店舗の宣伝広告を考える】 | 中小企業・店舗の宣伝広告を考える
     

    「障害」と聞くと、重大な病気に感じる人も少なくないはずです。

  • 明かに症状が重度であったり、身体症状[チック症、トゥレット症](過度な瞬き、しかめっ面をする、意味なく叫ぶ、抜毛癖)が顕著であったり、脳の機能障害と思われる場合は専門医に行かれることが大切です。
    出典 :大人の発達障害について
     

    症状に合わせて病院の受診を考えてみましょう。