首筋が痛い・・・揉んだりマッサージは逆効果になるかもしれない?

首筋が痛いというときには、自分で揉んだりマッサージ、ストレッチなどを実践しながら解消しようとしますよね。
でも、首の痛みによっては逆効果になることもあるようです。首凝りが起こりやすい現代人ですが、正しい対処方法を知っておきましょう!

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 首筋が痛い

  • 首筋が痛いときは揉むのが正解?実は一概に揉んだりマッサージするのが良いとはいえないことがあるようです。

  • 首を揉みすぎると逆に硬くなる?

  • マッサージあ~きもちいい!

     

    デスクワークなどで首が凝ってしまうと、マッサージを使いがちですよね。揉むと凝りや痛みが解れて、肩も軽くなったように感じられます。とっても気持ちが良いマッサージですが、実はやりすぎは逆効果になっちゃうこともあるんです。
    肩こりや首のこりが慢性的になり、いつも揉んでいる方は見直してみましょう。

  • 肩こりや首のこりがありマッサージすると、翌日筋肉痛のような痛みを感じることがあります。揉み返しとも呼ばれているのですが、マッサージ士の方達は逆効果だと指摘する方も多いのです。
    その理由は、筋肉痛のような痛みというのは本当に筋肉を損傷しているからです。筋肉が損傷すれば修復しなければなりません。その際に首や肩の筋肉がより硬く変化してしまうわけです。

  • マッサージで強く揉むは間違い

     

    自分でマッサージするとついつい力も強くなりがち。マッサージ器を利用しても力の加減ができず、逆効果になることもあります。家族にお願いしてももっと力を入れて!とお願いしたくなりますよね。

  • 首を伸ばすマッサージも間違いがち

  • 首を無理やり伸ばすのはおすすめできません

     

    首のストレッチ器具などが売られています。伸ばすと血流が良くなったように感じます。しかし、無理な力をかけてまで伸ばす必要はありません。
    首の筋が延びすぎてしまうと、頭をちゃんと支える力が弱くなり、逆効果になる場合も。

  • バランスボールストレッチ

     

    無理に伸ばすのはよくなくても、ストレッチをすると気持ちよく血流も改善できます。やりすぎないようにするには、バランスボールを利用するのがおすすめです。
    バランスボールの上に背中を向けて乗ります。そのままからだ全体を伸ばすようにすると、普段伸びない場所まで効率的にストレッチできます。

  • 小さなバランスボールも便利

     

    バランスボールは色々なサイズがあるとストレッチに使えます。小さいものは背中の下に当てて伸ばしたい部分をストレッチさせましょう。
    また、ボール状になったものは上に乗るだけで背骨周辺が延びてとても気持ちがいいです。

  • 首が痛いときの適切なマッサージ

  • 蒸しタオルを当てて血流を良くする

     

    まず最初にタオルに水を含ませ、ビニール袋に入れてレンジでチンします。最初はかなり熱くなっているため、やけどに注意してください。
    袋からだしたら手で触れるくらい温度を冷まし、首筋に当てて血流を良くします。適度に温度が冷めるため温→冷の刺激で血流が良くなります。

  • 手のひらを使ってマッサージ

     

    マッサージするときには筋肉をぐいぐい揉み解すほど力を入れないようにします。
    手のひら全体を使い、体の体重を利用しながら指圧する感じです。指を使って揉むと筋肉繊維を断ち切りやすいため損傷が大きくなります。
    自分でやる際には反対側の手のひらを当て、ギュッと押すようなイメージでマッサージすると良いでしょう。

  • 首の痛みは凝りにより疲労物質が溜まっているのが原因です。力良く揉めば排泄されるとは限らないため注意しましょう。正しい揉み方を続けていると、次第に固まった首の筋肉が柔らかくなってきます。これには数ヶ月はかかるため、根気良く続けてみることです。
    がちがちに凝り固まっている人は、筋肉が硬く逆に血流が悪くなって老廃物が排泄されにくいのです。