これから夏本番!夏に向けてのお肌の対策3つ

これから夏本番を迎えますね。夏に向けてのお肌の対策はしっかりと準備しておきましょう。夏のお肌を美しく保つため、どんなことに気をつければいいんでしょうか??

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 注意1秒、シミ一生!
    出典 :ニューヨークの美容 美肌のススメ - eジャピオン
  •  

    さあ、これから夏本番!
    お肌の対策していますか?
    どんなことに気を付ければいいんでしょうか??

  • その1 紫外線対策

  •  

    紫外線は、ここ数十年の環境破壊で、さらに、さらに、強烈になってるとのこと。
    シミやソバカスはもちろん「シワ」の原因も紫外線です。
    お子さんがいるご家庭は紫外線対策を必ずしてあげてください。

  • シミはここ最近浴びた紫外線のせいではなく、生まれてからずっと浴びてきた紫外線の積み重ねで突然現れます。肌の奥には「紫外線貯金箱」のようなものがあり、そこに毎日浴びる紫外線がわずかな量でも蓄積されていきます。積み重なった紫外線がいっぱいになった時、あふれ出すようにシミができてきます。
    出典 :ニューヨークの美容 美肌のススメ - eジャピオン
     

    シミのできる仕組みです

  • 紫外線対策や日焼け止めは夏にすればいい!と思ってる人が多数だと思いますが、これは大いなる勘違い。紫外線にはUVA波、UVB波があります。
    出典 :紫外線
  • 長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です。UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。
    出典 :紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB) - 紫外線(UV)の肌への影響 - ロート製薬株式会社
  •  

    夏の紫外線対策は、このUVB波対策でした。UVA波は、UVB波ほど肌に急激な変化を与えません。しかし、最近の研究では、波長が長いUVA波が肌の奥深くまで到達し、じわじわと色んな影響を及ぼすことが分かってきたのです。
    コラーゲンを変性させ、シワの原因となるのもこのUVA波なのです。そして、このUVA波は、季節に関係なく降り注いでるのです!夏以外の季節でも容赦なく降り注いでるので、もう一年中日焼けについては考えなければなりません。

  • 紫外線は5月から増え始め、6月には真夏とほぼ同量になります。春先から日焼け止め対策の準備を行い、うっかり日焼けしてしまったということがないようにしておきましょう
    出典 :季節で変わる紫外線対策 | スキンケア大学
     

    紫外線対策はバッチリと!

  • シミや皮膚がん予防のためにも、日焼け止め対策は毎日の日課として行いましょう。
    出典 :ニューヨークの美容 美肌のススメ - eジャピオン
  • その2 美白ケアをしっかりと

  •  

    紫外線対策をしたら、次は美白ケアです。でも、美白ケアを頑張っているのに、イマイチ効果を感じられないと思ったことはありませんか? 美白ケアは短い間に効果が出るものではありませんので、じっくりと頑張っていきましょう!

  • もちろん紫外線を浴びないことがいちばん大切ですが、どんなにしっかり日焼け止めをぬっていても多少のダメージは受けてしまうもの。だからこそ、美白・UVケアだけなく、洗顔、保湿を含めてトータルでケアすることが大切なのです。
    出典 :7月 季節と肌のお手入れ | インプレス
  • 美白アイテムでメラニンの生成を抑制するとともに、洗顔で古い角質を取り除いてあげることが必要です。また、乾燥によるキメの乱れも肌をくすんで見せる要因のひとつ。化粧水、乳液はもちろん、夏でも美容液やクリームでたっぷりうるおいを与えてあげましょう。
    出典 :7月 季節と肌のお手入れ | インプレス
  • 高価な美白パックなどには有効成分もそれなりに入っていますが、こういった商品をたまに使うよりも、クリームや美容液など毎日ケアできるものがお薦めです。
    出典 :ニューヨークの美容 美肌のススメ - eジャピオン
  • その3 乾燥肌に気を付けて

  •  

    夏のお肌は思っているより、もっと乾燥しているのです。
    夏は、汗をかいたり皮脂の分泌が盛んになったりするのにどうして乾燥するのでしょう?実は、エアコンの冷房や紫外線の影響、洗いすぎなどのために肌が乾燥しやすくなってしまっています。

  • まず大きな原因としてあげられるのは、エアコンの使用による室内の空気の乾燥です。また、エアコンの吹き出し口から出る風に当たると、その刺激で皮膚の水分が失われていきます。扇風機の風も同様です。
    出典 :夏の乾燥肌にどう対応する? [湿疹・皮膚炎] All About
  • 隠れ乾燥肌の原因は“汗、紫外線、冷房”。つまりほとんどの人が、隠れ乾燥肌の可能性があるのです。特に夏の乾燥が恐いのは、シミを増やす一因にもなること
    出典 :実は夏も保湿が重要!? 「隠れ乾燥肌」撃退法3つ
  • 乾燥をくい止めるためには、水をたっぷり飲むこと。実は、これがかなり効果あります。ウチの社員にも、乾燥に悩んで自社製品のモイスチャライザーをいろいろ塗りたくっていた者がおりますが、コントレックスを一日に2リットル飲むようにしたら肌あれが解消し乾燥も治まったとのことです。
    出典 :夏なのに超乾燥肌です!良いオススメのスキンケア教えてください☆ - スキンケア - 教えて!goo
     

    水分をたくさん摂取しましょう

  • オススメのスキンケアは“化粧水の重ね使い”です。いつもの化粧水にプラスして自分の肌にあった化粧水をダブル使いします。皮脂の分泌が多くテカりやすい人は収れん化粧水をプラス。
    出典 :隠れ乾燥多し!夏のドロドロ肌の裏に砂漠化現象あり| Life & Beauty Report(LBR)
     

    べたべたするのが嫌な時は化粧水をダブルで使ってみて

  • 日中の紫外線や冷房によるダメージからも肌を守らなければいけません。そんな時に便利なのがミスト化粧水。メイクの上から使用するミスト化粧水は保湿力が高く、メイクの上からOKというものを選んでください。
    出典 :隠れ乾燥多し!夏のドロドロ肌の裏に砂漠化現象あり| Life & Beauty Report(LBR)
     

    ミストでシュっと潤いを与えて

  • これから夏本番です!お肌の対策は万全に。夏を乗り切っていきましょう♪