2000万人以上が予備軍。子供にも増加中の糖尿病【小児糖尿病】 

小児糖尿病についての情報を集めました。
生活環境の変化から、なんと2000万人以上の糖尿病予備軍がいるんだとか。

  • ssay 更新日:2014/07/21

view140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    日本の糖尿病予備軍の人数は約2000万人いるといわれています。
    6人に1人は糖尿病予備軍と考えられます。

  • 子供も糖尿病が増えている?

  • 小児糖尿病

  • 「1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)」と「2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)」の2つのタイプに分けることができます。
    出典 :「子どもの糖尿病予防はまず食事から」 〜ティーペック健康ニュース
  • 子どもがかかる糖尿病といえば1型糖尿病で、2型糖尿病は成人がかかるものといわれていました。ところが近年は、生活習慣や食習慣の変化から肥満傾向の子どもが増え、子どもの2型糖尿病が急増しています。
    出典 :|大分県厚生連 鶴見病院
  • 症状の現われ方。

  • •のどが渇いて、水分を多く取り、尿の回数や量が増えている。
    •体がだるくて、疲れやすい。
    •清涼飲料水をいつも飲んでいる。
    •スナック菓子を腹一杯食べる。
    •食欲が異常に強くなる。しかし、食べても体重が増えない。
    出典 :小児糖尿病はこどもの生活習慣病による糖尿病です/小児糖尿病.com
  • 治療

  • 小児糖尿病1型の治療は大人同様に、インスリン注射と食事療法が中心になります。小児糖尿病2型の治療は、肥満の度合いでカロリーコントロールをした食事療法と適度な運動が中心です。
    出典 :小児糖尿病
     

    子どもの場合は成長期なので、カロリーを抑えるだけでは、栄養不足になりがちです。
    食事量と栄養バランスの配分がとても難しいです。

  • 予防法

  • 一番の予防方法は、食事療法です。普段から、生活習慣病を意識した食事習慣を心がけていきましょう。

  • ● 1日3食、規則正しく食事する
    出典 :「子どもの糖尿病予防はまず食事から」 〜ティーペック健康ニュース
     

    朝食は必ず食べましょう。抜くと代謝が落ちてしまいます。
    1日3食きちんと食事をとることで正しい生活リズムを作る事ができるので、内臓脂肪の減少につながります。

  • ●栄養バランスのとれた食事をする
    出典 :「子どもの糖尿病予防はまず食事から」 〜ティーペック健康ニュース
     

    レトルト食品、外食はなるべく控えましょう。
    ついついめんどくさくて外食に・・・という方も多いと思います。その時にはまず、単品よりも定食ものを頼みましょう。セットになっている定食ものの方が間違いなく栄養バランスがいいです。

  • ● 1人分ずつ分けて食べる
    出典 :「子どもの糖尿病予防はまず食事から」 〜ティーペック健康ニュース
     

    大皿に盛りつけると、自分がどれだけ食べたかがわかりにくくなってしまい、カロリーをとりすぎてしまう可能性があります。なるべく一人ずつお皿に分けましょう。

  • ● 清涼飲料やスナック菓子は控える
    出典 :「子どもの糖尿病予防はまず食事から」 〜ティーペック健康ニュース
     

    子どもが大好きなジュース、清涼飲料などは想像以上に糖分が多く含まれているので、のどが渇いたときは水やお茶を。スナック菓子などは栄養素がほとんどないにもかかわらず、カロリーはかなり高いのでなるべく控えましょう。

  •  

    小児糖尿病の予防は大人と同様に、「食事」「運動」も重要です。体を大きく使う遊びをたくさんさせましょう。
    糖尿病予防のためには、家族のサポートが重要です。家族全員で食習慣や生活習慣の見直しに取り組んでみて下さい。