マラソンと水泳、果たしてどちらが簡単に痩せることができるのか?

マラソンと水泳といえば、有酸素運動の代表のようなものです。
では、どちらの方が簡単に痩せることができるのか?
せっかくらならば、簡単に痩せた方がいい。
簡単に、そして楽に痩せるためにはどちらが有利なのか、徹底的に検証をしていきましょう。
これさえ知っていれば楽に痩せることができるはず!

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マラソンでダイエット

  • マラソンは簡単に始めることができます

     

    マラソンは簡単に始めることができるのが大きなメリットでしょう。
    走る場所と、靴があれば簡単に始めることができます。
    こだわりがなければ、そこまで費用はかかりません。
    簡単に始めることができる分、すぐにやめてしまう可能性もありますが、お金をかけずに痩せたい方にはもってこいではないでしょうか?

  • 「1ヶ月で1kg体重を落とす」

    という目標で考えてみましょう。

    すると“1日5km”走るだけで、
    なんの食事制限をすることなく達成できます。

    人がゆっくり走るペースは“時速8km”が平均的なので、
    “1日約40分”のランニングにあたります。

    ランニングに慣れてきて“時速10km”で走れるようになったとしましょう。

    すると毎日“30分”ランニングをするだけで、
    1か月で1Kg減が達成できるのです。
    出典 :ランニングで落ちる体重と走る距離!ダイエット・健康・美容に効果的!? | ダイエット&健康の最新情報
     

    一日で痩せことは不可能ですが、一か月で痩せることは可能です。
    毎日、ランニングをすることがダイエットへの近道です。
    毎日行うことによっ、最初は心肺機能が高くありませんので苦しいことではありますが、慣れてきますと、心肺機能も高くなり一か月間を毎日続けることにより、さらならる距離を走ることができます。
    されなる距離が走れるということは、さらに減量することも可能なわけです。

  • ランニングなどの有酸素運動なら、体の線は細いまま筋肉をつけることができます。

    マラソン選手のようなイメージです。
    出典 :ランニングで落ちる体重と走る距離!ダイエット・健康・美容に効果的!? | ダイエット&健康の最新情報
     

    有酸素運動をおこなえば、線が細いまま筋肉をつけることができますので、引き締まった肉体を手に入れることができます。
    細い体で筋肉をつけたい人は、マラソンをおこなうようにしましょう。
    女性の場合は、このようなほっそりとした痩せ方をしたい人の方が多いと思いますので、ランニングは実に理に方なったダイエット方法であるといえます。
    筋トレをするより、走った方がダイエットの効果は高いと言えます。

  • ランニングをしたいけれど、そんなに心肺機能が高くないという方は、ウォーキングをするようにしましょう。
    ウォーキングのダイエット効果はあまり高くありませんが、簡単に始めることができるというのは大きなメリットではないでしょうか?
    まずは、運動をする習慣をつけるためにウォーキングから始めるというのはいかがでしょう。
    まずは、習慣をつけることと体力をつけること。
    段階を踏んで行っていきますと、確実に効果を得ることができるでしょう。

  • 水泳でダイエット

  • 有酸素運動全般に心肺機能を向上させる効果がありますが、
    水泳の場合、他の運動よりも更に心肺機能が鍛えられます。

    通常の運動の場合、心臓から送り出した血液は重力のため下半身に滞りやすいのに対し、
    水泳の場合は重力の影響を受けにくい上、水圧によって血液の循環は促進されます。
    つまり、血液を全身に送り出し循環させるという心臓の機能が高まるのです。

    また、水圧によって肺に負荷をかけることで肺機能が鍛えられます。
    出典 :水泳(クロール・平泳ぎ・水中ウォーキング)効果&消費カロリー | ダイエット&健康の最新情報
     

    水泳も有酸素運動初心者には向いているスポーツであるといえます。
    特に、心肺機能のを強化することができるというのは、とても大きなメリットであるといえるでしょう。
    ランニングをするよりも、身体にかかる負荷は少ないですから、疲れるのは嫌だという方はランニングよりも水泳を選択した方がいいかもしれません。

  • 水泳で一番消費カロリーが高いのはクロール

     

    クロールは消費カロリーが一番高く、一時間クロールで泳ぎ続けるだけで1000カロリー以上を消費することができます。
    ランニングでも40キロ以上走っても1000カロリーを消費することはできません。
    消費カロリーのことだけを考えますと。水泳の方がランニングよりもメリットがあるといえます。
    真に痩せたい人は水泳をすることがいいでしょう。

  • 私たち人間は水中において安心感を得ることができ、リラックスすることができます。

    これは、私たちが生まれる前、
    母親の胎内で羊水に覆われていた時の記憶によるものと言われています。

    つまり、水泳は精神的にも良い影響をもたらしてくれるのです。
    出典 :水泳(クロール・平泳ぎ・水中ウォーキング)効果&消費カロリー | ダイエット&健康の最新情報
     

    水泳にはリラックス効果も期待することができます。
    日々あわただしく過ごしている現代人にとって、プールの中でのんびり過ごすことは重要な癒しと言えるでしょう。
    また、有酸素運動事態にストレス解消の効果がありますから、二重の意味でストレスを解消するには有効なものかもしれません。

  • 水泳は浮力のため膝や腰の衝撃がなく、
    高齢者・肥満者・妊婦などでも無理なく行える運動です。

    また“成長期の子供”に水泳が推奨される風潮にあるのはこのことが要因にあります。

    骨や関節が未熟な子供でも怪我のリスクが少なく、
    また、左右対称の運動なので成長途中で体の歪みも生じにくいのです。
    出典 :水泳(クロール・平泳ぎ・水中ウォーキング)効果&消費カロリー | ダイエット&健康の最新情報
     

    太った方がジョギングをいたしますと関節を痛める危険性があります。
    しかし、水中でウォーキングをしますと、身体は浮力によって軽くなりますから関節を傷める心配はありません。
    そして、普通にウォーキングをするよりも身体を鍛えることができますので、太っていて陸でのウォーキングが辛いという方でも、プールでのウォーキングは効果があるといえるでしょう。

  • 水泳でのダイエットは、泳ぐだけではなく水中を歩くという運動方法もあります。
    水泳は陸上での運動よりも消費するカロリー量は多くなります。
    しかし、水泳をするためのプールの代金はかかりますので、初期費用は掛かりますが、その分、簡単にやめることができませんし、戒めになるのではないでしょうか?
    初期費用や近所にプールがある方は、ランニングよりも水泳でのダイエットの方が楽にできますで有利かもしれません。